【全国結果一覧】教員採用試験の倍率を都道府県・教科別に徹底解説!

teacher-selection-results

  • 教員採用試験の倍率はどれくらいなの?
  • 教員採用試験の倍率で高い県や低い県が知りたい。
  • 教員採用試験の倍率を教科別に知りたい。
  • 教員採用試験の全国倍率一覧が見たい。

このような教員採用試験の倍率に関する記事を書きました!

倍率が気になって夜も眠れない。そんな教採受験者は多いです!

倍率は客観的に合格の可能性を知れるデータなので、高いのか、それとも低いのか気になるのは仕方のないことです。

とはいえ、あまり鵜呑みにすることはよくありません。

倍率が高くても、低くてもやることは同じだからです。

サクッと現実を受け入れて対策をはじめましょう!

▼この記事を書いている人▼

教員採用試験の倍率は低下傾向?過去の推移を解説!

結論からいえば、教員採用試験の倍率は低下傾向にあります。

暫定値ではありますが、令和4年度(2022年度)の倍率は平均3.4倍で、前年度3.6倍から0.2さがりました。

この結果は文部科学省が集計しているデータの中で過去最低となっています。

自治体ごとに見ると、前年度から倍率が上昇したのは66自治体のうち以下の18自治体。

前年度より倍率が上がった自治体

山形県 / 横浜市 / 新潟県 / 北九州市 / 茨城県 / 宮城県 / 山口県 / 東京都 / 静岡市 / 福島県 / 大阪市 / 香川県 / 札幌市 / 群馬県 / 大阪豊能 / 京都市 / 奈良県 / 徳島県 / 高知県

反対に倍率が前年度より減少した自治体は44もありました。

前年度より倍率が下がった自治体

富山県 / 福岡市 / 新潟市 / 長崎県 / 佐賀県 / 仙台市 / 福岡県 / 岐阜県 / 千葉県 / 北海道 / 愛媛県 / 秋田県 / 川崎市 / 熊本市 / 島根県 / 大分県 / 鹿児島県 / 山梨県 / 埼玉県 / さいたま市 / 熊本県 / 宮崎県 / 相模原市 / 石川県 / 鳥取県 / 和歌山県 / 長野県 / 浜松市 / 岡山市 / 名古屋市 / 神奈川県 / 愛知県 / 静岡県 / 福井県 / 京都府 / 大阪府 / 滋賀県 / 岡山県 / 三重県 / 兵庫県 / 堺市 / 神戸市 / 沖縄県

※広島県、栃木県、岩手県、青森県は横ばい。

このように65%の自治体で倍率が低下しており、自治体によっては選考に支障をきたしかねない状況となっています。

令和2年度(2020年度)から令和4年度(2022年度)までの最新結果は以下のとおり。

※例年、3月頃に文部科学省が『前年度』の統計データを発表します。

自治体倍率自治体倍率
北海道2.8三重県4.7
札幌市4.4滋賀県4.2
青森県4.5京都府4.0
岩手県3.7京都市5.0
宮城県3.1大阪府4.1
仙台市2.7豊能地区4.8
秋田県2.9大阪市3.9
山形県2.4堺市5.4
福島県3.7兵庫県4.8
茨城県3.0神戸市7.1
栃木県3.6奈良県5.2
群馬県4.5和歌山県3.5
埼玉県3.0鳥取県3.5
さいたま市3.1島根県3.0
千葉県2.8岡山県4.4
東京都3.3岡山市3.7
神奈川県3.7広島県2.7
横浜市2.9山口県3.1
川崎市2.9徳島県6.0
相模原市3.4香川県4.4
新潟県2.9愛媛県2.9
新潟市2.2高知県7.8
富山県2.1福岡県2.7
石川県3.4福岡市2.2
福井県4.0北九州市3.0
山梨県3.0佐賀県2.4
長野県3.6長崎県2.3
岐阜県2.8熊本県3.2
静岡県3.8熊本市2.9
静岡市3.5大分県3.0
浜松市3.7宮崎県3.3
愛知県3.8鹿児島県3.0
名古屋市3.7沖縄県7.8
自治体倍率自治体倍率
北海道2.9三重県6.1
札幌市2.9滋賀県4.9
青森県4.5京都府4.2
岩手県3.7京都市4.9
宮城県2.9大阪府5.0
仙台市3.3豊能地区4.2
秋田県3.2大阪市3.4
山形県2.2堺市6.8
福島県3.6兵庫県5.4
茨城県2.7神戸市7.5
栃木県3.6奈良県5.0
群馬県4.4和歌山県3.6
埼玉県3.7鳥取県4.2
さいたま市3.4島根県3.7
千葉県3.4岡山県5.4
東京都2.8岡山市4.2
神奈川県4.1広島県2.7
横浜市2.8山口県2.8
川崎市4.2徳島県5.2
相模原市3.5香川県4.3
新潟県2.6愛媛県3.0
新潟市3.5高知県7.6
富山県2.3福岡県2.9
石川県3.5福岡市2.3
福井県4.6北九州市2.9
山梨県3.1佐賀県2.6
長野県4.0長崎県2.6
岐阜県2.9熊本県3.6
静岡県4.4熊本市3.4
静岡市3.3大分県3.1
浜松市4.2宮崎県4.0
愛知県4.1鹿児島県3.4
名古屋市4.1沖縄県8.9
※独自調べ
自治体倍率自治体倍率
北海道2.5三重県5.9
札幌市3.3滋賀県4.5
青森県4.6京都府4.5
岩手県3.7京都市5.2
宮城県3.7大阪府6.0
仙台市4.4豊能地区4.6
秋田県4.8大阪市3.7
山形県2.4堺市5.2
福島県3.4兵庫県6.0
茨城県2.8神戸市7.1
栃木県3.5奈良県5.3
群馬県4.7和歌山県6.7
埼玉県4.1鳥取県5.4
さいたま市3.5島根県3.8
千葉県3.0岡山県5.0
東京都3.4岡山市3.9
神奈川県4.7広島県2.8
横浜市3.3山口県3.0
川崎市3.7徳島県5.0
相模原市4.1香川県4.4
新潟県3.6愛媛県3.2
新潟市3.6高知県7.4
富山県2.4福岡県3.2
石川県3.6福岡市3.9
福井県3.7北九州市2.1
山梨県3.0佐賀県2.7
長野県3.9長崎県2.7
岐阜県3.3熊本県4.5
静岡県4.1熊本市4.2
静岡市3.0大分県3.2
浜松市3.1宮崎県3.8
愛知県4.2鹿児島県3.9
名古屋市4.5沖縄県8.1

自治体ごとの詳細はこちら

教員採用試験の倍率ランキング!高い・低い県はここだ!

教員採用試験は自治体ごとに選考を行っているため、倍率は自治体によって異なります。

そこで気になるのは、「倍率の高い・低い自治体はどこなのか」ではないでしょうか。

そこで、令和4年度(2022年度)の結果から倍率が高かった県と低かった県を紹介します。

倍率が低い県トップ3

まずは倍率が低かった自治体トップ3を紹介します。

  1. 富山県
  2. 福岡市
  3. 新潟市

富山県

  • 受験者:717人
  • 合格者;335人
  • 倍率:2.1倍

福岡市

  • 受験者:1,331人
  • 合格者;610人
  • 倍率:2.2倍

新潟市

  • 受験者:399人
  • 合格者;181人
  • 倍率:2.2倍

科目によっては2倍を切っている場合もあるので、選考がまともにできない危機的状況あるといえます。

倍率が高い県トップ3

反対に倍率が高かった自治体トップ3は以下のとおり。

  1. 高知県
  2. 沖縄県
  3. 神戸市

昨年度と同じ顔ぶれとなっています。

高知県

  • 受験者:2,397人
  • 合格者;306人
  • 倍率:7.8倍

※第1回登録分のみの結果。

沖縄県

  • 受験者:3,023人
  • 合格者;388人
  • 倍率:7.8倍

神戸市

  • 受験者:1,746人
  • 合格者;246人
  • 倍率:7.1倍

このように倍率が高い自治体の場合、教科によっては20倍を超えることもあり、簡単に合格できません。

倍率が全てではありませんが、難度を測る数値として参考にしてください。

全体のランキングは下記記事でまとめています。

>>【うかりやすい自治体は?】教員採用試験の倍率が低い県ランキング2022

教員採用試験の倍率を校種・教科別に解説!

全体の推移や倍率の低い・高い自治体を紹介してきたので、なんとなく教員採用試験の状況がわかったのではないでしょうか。

これまで見てきたように、教員採用試験の倍率は低下傾向ですが、中には過去最高記録を更新している校種・教科もあります。

特に高校社会や保健体育、養護・栄養教諭といった専門性が求められる校種・教科ほど高倍率になっています。

例)

高校保体:群馬県(40.0倍)、広島県(55.0倍)、沖縄県(62.5倍)

養護教諭:静岡県(18.5倍)、大阪府(16.2倍)、徳島県(22.6倍)

栄養教諭:山梨県(16.0倍)、兵庫県(13.6倍)、愛媛県(36.0倍)

自分の志望する教科は全国的にどのくらいの位置なのか確認してみましょう!

併願などをするときにも役立ちますよ。

小学校の倍率

令和4年度(2022年度)全国平均の倍率は2.4倍でした。

2倍を切っているのは、全66自治体のうち約3分の1にあたる24自治体となっています。

2倍を切った自治体(令和4年度)

福岡県 / 熊本県 / 大分県 / 佐賀県 / 長崎県 / 北海道 / 山形県 / 宮崎県 / 秋田県 / 福島県 / 富山県 / 広島県 / 新潟市 / 福岡市 / 宮城県 / 島根県 / 鹿児島県 / 山梨県 / 愛媛県 / 熊本市 / 千葉県 / 岐阜県 / 北九州市 / 青森県

九州は沖縄を除く全自治体で2倍を切っているヤバい状況となっています。

詳細は下記記事をご覧ください。

>>教員採用試験の「小学校」で倍率が低い県は?全国の実施結果まとめ

中学校・高校の倍率

令和4年度(2022年度)全国平均の倍率は中学校4.1倍、高校6.0倍でした(福永調べ)。

※自治体によっては中高一括での採用もあるため正確なデータは文部科学省の発表をまちましょう!(例年3月頃に発表)

中学・高校は科目によって倍率の差が激しい特徴があります。

倍率が低い科目国語、数学、理科、英語、音楽、美術、技術、家庭、工業、水産、看護など
倍率が高い科目社会、保健体育、商業、情報、福祉など

教科ごとに詳細をまとめています。志望する教科の状況を確認しましょう!

中学・高校「国語」

>>【中学・高校「国語」の志望者必見】教員採用の倍率を都道府県別に紹介!

中学・高校「社会」

>>【中学・高校の社会志望者向け】全国の教員採用倍率まとめ

中学・高校「数学」

>>【中学・高校数学を目指す人必見】教員採用試験の倍率を全国一覧に集約!

中学・高校「理科」

>>教員採用試験の中学理科・高校(物理、化学、生物、地学)の倍率一覧

中学・高校「英語」

>>教員採用試験 中学校・高校「英語」の倍率は低い!全国一覧の実施結果を公開

中学・高校「音楽」

>>中学校・高校「音楽」は難しい?教員採用試験の倍率を全国一覧に集約!

中学・高校「美術」

>>教員採用試験 中学校・高校「美術」の倍率を全国一覧に集約!

中学・高校「保健体育」

>>教員採用試験の中学校・高校「保健体育」は倍率が高い?全国結果まとめ

中学校「技術」

>>【中学校技術を目指す人必見!】教員採用試験の倍率を全国一覧に集約!

高校「商業」

>>【高校商業】教員採用試験の倍率を全国一覧に集約!簡単な県はここだ!

高校「情報」

>>教員採用試験の高校「情報」は難しい?倍率推移を全国一覧に集約!低い県はここや!

※随時、増やしていきます。

特別支援学校の倍率

令和4年度(2022年度)全国平均の倍率は2.9倍でした。

近年は、特別支援学校の教諭免許が必須になる自治体が増えており、全体的に倍率は低い傾向にあります。

山梨県や福岡市など一部の自治体では2倍を切っていることもあります。

全国の実施結果を下記記事でまとめています。

>>【教員採用試験】特別支援学校の倍率は低い?全国の結果一覧

養護教諭の倍率

令和4年度(2022年度)全国平均の倍率は6.6倍でした。

全国的に倍率は高いですが、最近は低下傾向にあります。

探せば北海道や京都市など3倍を切っている自治体もあるので、上手く併願を使えば合格率を上げることができそうです。

自治体ごとの倍率をまとめています。

志望する、興味のある自治体を探して確認してみましょう!

>>倍率が高い養護教諭になるには?全国の実施結果一覧【低い県も紹介】

栄養教諭の倍率

令和4年度(2022年度)全国平均の倍率は9.2倍でした。

全体的に倍率は高い傾向にあり、合格は難しい校種です。

とはいえ、自治体によっては3倍を切ることもあるので、しっかり探せば受かりやすい自治体もあります。

下記記事で志望先の結果から併願先の候補などを探してみましょう。

>>【教員採用試験】栄養教諭は難しい?全国の倍率一覧から低い県まで解説!

【全国一覧】教員採用試験の倍率を都道府県別に紹介!

自治体ごとの倍率をまとめています。

志望する、興味のある自治体を探して確認してみましょう!

※随時、更新中。

北海道・東北地区

北海道札幌市青森県
岩手県宮城県仙台市
秋田県福島県山形県

関東甲信越地区

茨城県栃木県群馬県
埼玉県さいたま市千葉県
東京都神奈川県横浜市
川崎市相模原市長野県
新潟県新潟市山梨県

東海・北陸地区

富山県福井県石川県
岐阜県静岡県静岡市
浜松市愛知県名古屋市
三重県

関西(近畿)地区

滋賀県京都府京都市
大阪府大阪豊能大阪市
堺市兵庫県神戸市
奈良県和歌山県

中国・四国地区

島根県鳥取県岡山県
岡山市広島県山口県
香川県愛媛県徳島県
高知県

九州・沖縄地区

福岡県北九州市福岡市
佐賀県長崎県熊本県
熊本市大分県宮崎県
鹿児島県沖縄県