【令和5(2023年度)】横浜市教員採用試験の日程は?流れを解説

2022年実施横浜市教員採用試験の日程

横浜市の教員採用試験はいつあるの?」

横浜市教員採用試験の一次や二次の試験日が知りたい」

横浜市教員採用試験でオススメの併願先はどこ?」

これから横浜市の教員になりたい人は、どのようなスケジュールで選考が行われるのか気になると思います。

そこで本記事では、横浜市教員採用試験の選考日程をまとめました!

合格するには計画を立てることが重要です。試験日を把握して効率よく対策をはじめていきましょう。。

なお、過去の実施結果(倍率)は「【教科別】横浜市教員採用試験の倍率は上昇傾向?過去の推移を解説!」でまとめています。

▼この記事を書いている人▼

横浜市教員採用試験の選考スケジュールを解説!

教員採用試験の選考は以下の流れで行われています。

説明会(4月~)

4月頃に説明会があります。前年度の結果や変更点、今後の採用スケジュールなどを聞くことができます。

自治体によっては若手教員との対談や相談会をしていることもあるので積極的に情報収集しましょう。

募集要項の案内・配布(4月~5月)

4月~5月頃にその年の日程や採用人数、試験内容などをまとめた募集要項が公表されます。

最近は教育委員会のホームページ上からダウンロードする形式が多いので、気になる自治体をブックマークしておくといいでしょう。

出願(4月~5月)

募集要項が配布されたら受験申込受付がスタートします。

提出書類を確認して記入漏れのないように注意しましょう。最近はネット出願が主流となっています。

一次試験(7月)

7月に一次試験が実施されます。

二次試験(8月)

一次試験合格者を対象に二次試験が実施されます。

最終合格・採用面接(10月~2月)

採用候補者名簿の登録者(最終合格者)を対象に採用面談や健康診断などがあります。受験者の意思確認を行う場となっており、勤務地の希望などを聞かれることも。

これらの過程を経て、翌年の4月1日から勤務開始となります。

最終合格≠採用

教員採用試験に最終合格=採用ではなく、まずは採用候補者名簿に記載されます。

その後、面談や退職する教職員、子どもの数などを考慮して採用先の決定を行います。

【令和5(2023年度)】横浜市教員採用試験の日程はいつ?出願から合格までの流れ

横浜市教育委員会は2022年3月18日、令和5年度(2022年実施)横浜市教員採用試験の日程を発表しました。

主な変更点
  • 社会人経験者に対する資格要件を一部緩和
  • 大学推薦の対象教科に「美術」、「技術」、「家庭」を追加
  • 論文試験を二次試験で実施(例年、一次に実施)

出願から最終合格までの詳細は以下のとおり。

説明会

日程場所
2022年4月16日(土)名古屋
2022年4月20日(水)横浜
2022年4月23日(土)大阪
2022年4月23日(土)仙台
2022年4月29日(金)神戸
2022年5月1日(日)横浜
  • 説明内容は各回共通です。
  • 全会場で事前申込みが必要となります。詳しくは横浜市教委HPを確認してください。

出願期間

2022年4月11日(月)~5月13日(金)

※出願方法はインターネット申込。

一次試験の日程

2022年7月10日(日)

一次試験の合格発表

2022年8月上旬

受験者の全員に郵送で通知するとともに横浜市教委HPに受験番号が掲載されます。

一次試験の内容は?
  • 筆記(①教職・一般教養、②教科専門)
  • 一次試験の合格率は66.8%(令和4年度)
  • 試験科目の多い教職・一般教養の攻略がポイント!

たった3分で傾向が丸わかり!

二次試験の日程

2022年8月中旬~9月中旬の期間で指定された日

二次試験(最終)の合格発表

2022年10月中旬

受験者の全員に郵送で通知するとともに横浜市教委HPに受験番号が掲載されます。

受付期間2021年4月5日(月)〜5月14日(金)
一次試験2021年7月11日(日)
一次試験
合格発表
2021年7月30日(金)
二次試験2021年8月中旬~9月中旬の指定された日
最終合格2021年10月8日(金)
二次試験の内容は?
  • 個人面接、模擬授業(養教は保健指導)、論文試験、実技試験
  • 二次試験の合格率は51.4%(令和4年度)
  • 最終合否は二次試験の結果のみで判定。

たった3分で傾向が丸わかり!

横浜市教員採用試験の日程 併願受験はしてもいいの?

結論からいえば、試験日が重なっていなければ自由に併願できます!

何としてでも教員になりたいので、出身地以外の採用試験を受験したいという人は多いはず。

同じ試験日になりやすい関東地域や九州地域を受験することはできませんが、試験日が違う地域であれば併願できます。

福永
福永

近畿地域や東海地域などの併願パターンが考えられます。

教員採用試験の併願は基本

近年の教員採用試験の併願率は高くなっています。

そのため併願せずに1つに絞って受験している人の方が少数派です

過去の受験者たちの例を見ると、横浜市の受験者は愛知県や滋賀県を併願している人が多いようです。

全自治体の一次試験日を「【2023(令和5年度)】教員採用試験はいつある?全国の日程一覧まとめ」でまとめているので、参考にしてください。

また、民間企業(私立学校など)との併願も可能です。しかし、教員採用試験が始まる頃には選考が終わってしまっているところが多いので、「教採に落ちたから私立学校を受けよう」というのは難しいかもしれません。

面接では併願していることは言うべき?

面接では必ずといっていいぐらい「併願状況」を聞かれます。

この場合、正直に話すかどうか迷うと思うのですが、正直に答えて大丈夫です。

面接官も今までのパターンから何となく併願していることは知っていますが、必ず「第一志望です!」ということはアピールしてください。

併願受験をもう少し詳しく知りたい場合は「教員採用試験の併願とは?メリットとデメリットを解説【日程を活用!】」をご覧ください。

横浜市教員採用試験 日程から逆算してスケジュールを立てよう!

横浜市教員採用試験の出願から最終合格までの流れを解説してきました。

効率よく勉強するには、試験日から逆算して計画を立てていく必要があります。

また、計画を立てておけば、合格には何が必要かを把握するだけではなく、必要ないものを捨てることもできます。

しっかり日程を把握してスケジュールを考えていきましょう!

関連記事横浜市教員採用試験の内容は?一次・二次ごとに傾向や勉強方法を解説!

関連記事【横浜市教員採用試験】対策ロードマップ