【教員採用試験の勉強法】独学で合格したい初学者におすすめのやり方を完全解説

  • これから教員採用試験の勉強を始めようと思っているのだけど…。
  • 情報が多すぎて何から勉強していいのかわからない…。
  • 効率よく勉強する方法を教えてほしい…。

教員採用試験はやることが多いので「結局何から勉強すればいいの?」と最初から挫折してしまうケースはとても多いです。

この記事を書いている僕は教員採用試験の指導をして13年目。これまでに勉強が苦手で挫折した人を多く見てきました。

そこで本記事では、初心者でも効率よく勉強できるよう手順から具体的な方法までまとめて解説します。

記事をしっかり理解すれば「これから教員採用試験の勉強を始める初心者が合格点を取るまでに必要なこと」がすべてわかりますよ!

なお、試験結果は「【全国結果一覧】教員採用試験の倍率を都道府県・教科別に徹底解説!」を、試験日程は「【2023(令和5年度)】教員採用試験はいつある?全国の日程一覧まとめ」をご覧ください。

▼この記事を書いている人▼

タップできるもくじ

教員採用試験で勉強が必要な試験内容は?

試験=ペーパテストを想像する人は多いですが、教員採用試験は他にも多くの試験にクリアしなければ合格できません。

そのため、しっかりと内容を把握せずに受験することはNGです。

教員採用試験の主な内容は以下のとおり。

  • 教養試験
  • 専門教養
  • 論文試験
  • 人物試験

教職教養

教職教養は、学習指導要領や生徒指導などの教員として知っておくべき知識力を測る教養試験の1分野です。

福永
福永

教養試験は「教職教養+一般教養」で構成される筆記試験です!

試験科目は以下のとおり。

科目主な内容
教育原理学習指導要領、生徒指導、教育時事
教育法規教育基本法、学校教育法
教育心理発達の心理、人格の適応
教育史西洋教育史、日本教育史

教養試験の中で教職教養は、多くの自治体で出題の半分以上を占めるため、得点を上げるカギになります。

自治体によっては、教職教養のみの出題という場合もあるので傾向を把握して勉強することが大切です。

教職教養のみの自治体(令和4年度)

岩手県、福島県、茨城県、東京都、岐阜県、奈良県、岡山県、岡山市、広島県、熊本県、熊本市、宮崎県

教職教養に関する具体的な科目の特徴や勉強の仕方を「教員採用試験の教職教養とは?勉強法や試験科目を徹底解説」でまとめています。

一般教養

一般教養は、高校までに学んだ知識力を測る教養試験の1分野です。

試験科目は以下のとおり。

科目主な内容
人文科学国語、英語、音楽、美術、保体
社会科学地理、歴史、政治経済、倫理
自然科学数学、物理、化学、生物、地学、情報
その他一般常識・時事、ローカル

一般教養の特徴は、試験科目の多さや出題範囲の広さが挙げられます

例えば、兵庫県は5教科(国語、英語、数学、理科、社会)にくわえて、音楽や美術、情報など15科目以上から出題があるんですね…。出題範囲の広い日本史や世界史も出るため、この量に悩まされる人は多い。

とはいえ、1問あたりの出題数は少ないため、くれぐれも深入りしすぎてオーバーワークにならないようにしてください。

自治体によっては出題がない場合もあるため、傾向を把握して勉強することが大切です。

一般教養に関する具体的な科目の特徴や勉強方法を「教員採用試験の一般教養は難しい?勉強法やレベルを解説!【ない自治体も】」でまとめています。

専門教養

専門教養は、自分が指導する教科に関する知識を問う筆記試験です。

教職・一般教養と違い志望する教科によって問題が異なります。

主な試験科目は以下のとおり。

(教員採用試験の専門教養 主な教科と出題内容)
科目主な内容
小学校国,算,理,社,英,音,図,体,家



・高校
国語現代文、古文・漢文
社会地理分野、歴史分野、公民分野
数学図形、ベクトル、関数
理科物理、化学、生物、地学
音楽音程、歌唱、器楽、音楽史
家庭被服、食物、住居
保健体育体育分野、保健分野
英語文法、読解、リスニング
養護教諭保健、法規、救急措置

教科知識の他に学習指導要領や指導法が問われることもあります。また、出題形式は択一式(マークシート)、記述式、両方など、自治体によって様々です。

中学校・高校の場合、自治体によって以下3つの出題パターンがあります。

  1. 中学校、高校で同じ問題
  2. 中学校、高校で別の問題
  3. 中学校、高校で一部は選択制

したがって、出題レベルも中学校志望だけど大学レベルまで求められたり、高校志望だけど基礎的な知識が必要だったり幅広いです。

筆記試験の中で専門教養の配点が高くなる傾向があるので、率先して勉強することが重要。

専門教養に関する具体的な勉強の仕方や参考書を「教員採用試験の専門教養科目とは?勉強法と重要な理由を解説!」でまとめています。

論文試験

論文試験とは、テーマに沿って文章を書かせることで受験者の人間性や論理性、表現力などを見る試験のことです。

作文試験に似ているため、「僕は文章が書くのは得意なんだ!」とドヤ顔を決めている受験者をよく見かけますが、まったく別物なので注意が必要です。

論文は専門や教養と違い努力に比例して点数が伸びる試験ではありません。なぜなら、書いた答案を試験官が見て評価をつけるから。

  • テーマに沿った内容か
  • 文章構成・表現力はどうか
  • 誤字脱字はないか

1人では判断できない部分が多いため、苦手な人は早い段階から対策することが重要です。

論文の対策方法は「【模範解答例あり】教員採用試験の論文が書けない理由と対策法を解説」で詳しく解説しています。

人物試験

教員採用試験の人物試験は、個人面接をはじめ模擬授業や集団討議まで幅広く行われています。

最近は、教員の資質向上が目標となっていることもあり筆記よりも人物重視の傾向が強いです。

たとえば、兵庫県の最終合否は「一次試験の成績に関係なく、二次試験の結果のみで判断します」と公言しています。

つまり、筆記試験が満点でも、5割でも一次試験を突破してしまえば同じということです。

ここを勘違いして、試験直前まで筆記対策ばかりやって、人物対策を後回しにした結果、落ちている人は多いので注意が必要です。

【間に合わない?】教員採用試験の勉強はいつから始めればいいのか?

読者
読者

これから教員採用試験の勉強を始めようとしているけど、いつから勉強すれば間に合うの?

冒頭でも解説したように、教員採用試験の内容は幅広いです。

そのため、「本当に間に合うんだろうか…」と不安を抱えている初学者の人も多いはず。

そこでツイッターやサイトを使って合格者にアンケートを取ったので結果をみてみましょう。

2020年度に合格した566人のデータです。だいたい、試験日の6カ月~9カ月前から始めた人が多いです。

もちろん現在の学力や経験もあるので、一概には言えませんが、きちんと傾向を把握して勉強すれば、今からでも合格点を取ることは十分可能と言えるでしょう。

開始時期ごとの勉強スケジュールは以下の記事で詳しく解説しています。

summary
  • 勉強期間に正解はない
  • 平均は6カ月~9カ月前
  • 量も大切ですが、質が伴っていないと時間の無駄

教員採用試験の勉強を始めるのに必要なものは?

教員採用試験の勉強を始めるために必要なものは次の3つです。

  • 過去問
  • 参考書
  • 問題集

過去問

一つ目に必要なものは過去問です。

「過去問はすべての勉強が終わってからの腕試し」と思っている受験者は一定数いますが、不合格パターンなので注意しましょう。

最初に過去問を使うことで以下のデータを得れます。

  • 出題傾向
  • 内容
  • レベル

たとえば、東京都の教養試験は教職教養分野からしか出題がありません。一方で兵庫県のような一般教養からの出題が9割という自治体もあります。

このような出題傾向を知らずに勉強しても時間の無駄ですよね。

最新の過去問から3年分ぐらいは県庁舎などでコピー・閲覧できるようになっているので確認してみましょう。

福永
福永

東京都や大阪府など、教育委員会HPで公開している自治体もいくつかありますよ!

参考書・問題集

近年、教員採用試験対策の参考書や問題集は増えていますが、「わかりやすいもの」から「わかりにくいもの」まで様々です。

使う教材で時間の使い方も効率性も変わってくるんですよね。

よく「先輩が使っていたから」とか「合格者が使っているので」という他人の意見で何となく教材を購読している受験者を見ます。

しかし、人によって合う、合わないがあるの特徴を把握してから購入することが大切です。

summary
  • 過去問は最初に使うのが正攻法
  • 参考書・問題集は特徴を理解して買う
  • 問題集をメインに勉強、参考書は補助教材

教員採用試験の勉強法!効率よく点を取る7つの手順

効率よく勉強する7つのコツを解説します。

  1. ゴールを明確にする
  2. 主要科目の把握
  3. 最重要分野から着手
  4. 問題集は自力で解かない
  5. 捨てるスキルを身につける
  6. 不要なノートは作らない
  7. 反復練習がすべて

教員採用試験は「勉強以前」の下準備が重要です!

どの試験でもそうですが合格しやすいのは、もともと頭がいいというより、効率的な勉強法を知っているからという要因の方が大きいのです。

福永
福永

まずは1〜3までを着実に行い、下準備をしっかりしましょう。

手順①:ゴールを明確にする

一つ目の手順は、あらかじめゴールを決めておくこと。

ここでいうゴールとは合格点、すなわち目標とする点数を指します。このゴールが決まっていないと、まず間違いなく勉強が進みません。

では、何点をゴールにするのかといえば、6割〜7割の点数を取ることがゴール目標になります。

福永
福永

一部の科目(高校社会や保健体育や養護教諭)を除けば6割ぐらいで合格することができています!

自動車免許のように9割必要な試験ならほとんどの問題を正解しなければいけませんが、6割なら、解けない問題があっても問題ないですし、苦手科目があっても大丈夫です。

最初から6割の点数を取るには何をすればいいのかを考えると、勉強時間を大きく短縮できます。

手順②:主要科目の把握

二つ目の手順は、勉強する主要科目をきちんと押さえること。

教員採用試験の試験科目は多いですが、頻出科目は全体の2~3割ぐらいしかありません。

ところが実際の勉強となると、すべての科目を勉強しようとしてしまう人ばかりです。

これを間違えると悲惨なことになります。

なんとなく勉強を始めている人ほど、試験傾向とはかけはなれたことをやっているため、時間をたくさん使っているわりに点数が伸びないことはよくあります。

こんな最悪のパターンを防ぐために主要科目を把握してから勉強してください。

手順③:最重要分野から勉強

3つ目の手順は、最重要分野から勉強すること。

最重要分野とは、過去によく出題されている箇所です。まず、その箇所の知識を徹底的に覚えることが重要!

たとえば、教職教養科目の教育原理の出題範囲は13分野あります。

範囲が広すぎるので、どこから勉強すればいいかわかりません。

四の五の言わずに全部やればいいじゃないか!と思うかもしれませんが、まったく出ない分野に時間をかけて勉強するのって嫌じゃないですか?

そこで過去問10年分を分析して最重要分野を見極めていくと、出題されている分野は「学習指導要領」と「特別支援教育」の2つであることがわかります。

(愛知県の出題傾向

このように「何をどのぐらいやれば合格するのか」がわかっていないと、無駄な努力を積み重ねることになってしまいます。

「最重要分野ができていれば合格点は取れる」ということがわかっているかどうかは、勉強効率に大きく影響します。

最重要分野の把握は、ゲームでいう攻略本のようなものです。必ず、勉強の初期段階で把握するようにしましょう!

福永
福永

他の勉強は、この過程を終えたあとに余力があればしてください。

手順④:目の前の敵を倒してから次へ進む

4つ目の手順は、知識が中途半端なまま次々に問題を解かないこと。

簡単にいうと、「問題を読む⇒自力で解く⇒答え合わせをする⇒解説を読んで次の問題へ・・・」ではダメだということです。

このような勉強では、問題を見たときに、なんとなく見たことはあるけど、何だったのか思い出せないということになります。

多くの人が勘違いしているのですが、勉強は問題を解くことではなく「解けない問題を解けるようにする」ことです。

よって、正しくは「問題を読む⇒解答・解説を読んで正解を出すために必要な知識を確認する⇒再度、問題を読んで自力で解く」という方法をオススメします。

正解できなかったら、正解できるまで繰り返してください。その場で解けない問題はその後も絶対に解けるようになりません。

本番でも解けないので落ちます。

福永
福永

まずは目の前の1問を解けるようにしてから次の問題へ行きましょう。

手順⑤:捨てるスキルをみにつける

5つ目のコツは、捨てるスキルを身につけること。

勉強初心者にありがちなのが、何もかも網羅しようとして一通り勉強してしまったり、理解できないところがあると徹底的に調べたりするケースです。

教養試験は科目も範囲も膨大なので、逆に嫌気が差して挫折する可能性が高くなってしまいます。

コツ①~③でも解説したように目標は6割ですし、全科目・全範囲から出ないので、いる・いらないをハッキリさせることが重要!

福永
福永

東大に合格するような人でも、苦手な科目や分野は必ずあります。自分なりに取捨選択をして総合点でカバーしているわけです。試験に出ないところはためらいなく捨てることがきわめて大切!

手順⑥:書いて覚えることは避ける

6つ目のコツは、書いて覚える勉強は避けること。

僕自身、書きまくって覚えるスタイルでしたが、様々な勉強法を学んできた結果、とても効率が悪いことだとわかりました。

確かに、五感をフル活用して覚えることは科学的にも実証されています。

しかし、何回も書いて覚えようとする勉強法は、ただ書くことが目的になってしまい、時間を使ったわりに成果が見えにくいんですよね。

ボールペンやノートもどんどん消費していくため、勉強している気にはなりますが、読んで覚えるよりも多くの時間を要するため、多くの科目をさばかなければいけない教採向きではありません。

福永
福永

出題形式はほとんど択一式なので、何となく覚えておくくらいでOK。

ノートは使うべき?

覚えた知識をまとめることで、頭の中を整理できるメリットがあるため誰もが一度はやったことのある勉強法だと思います。

しかし、ノートにまとめる勉強法は知識の整理には役立ちますが、覚えることには適していません。

まとめノートといっても、ほとんどの場合、参考書の丸写しをして汚い参考書を量産しているだけなので効果はあまりないです。

繰り返し勉強して、どうしても覚えられない部分だけを集めたノートを作るくらいにしておくといいでしょう。

ノートの活用法などは「教員採用試験 勉強にノートは必要ない3つの理由」で解説しています。

手順⑦:大切なことは5回繰り返す

7つ目のコツは、繰り返し覚えること。

どんなことでも繰り返しやっていれば無意識のうちに覚えてしまいます。

最もわかりやすいのが、電話番号や自宅の住所です。何度も書いているので忘れませんよね。

これは勉強でも同じことが言えるのですが、多くの人は反復することを拒絶しがちです。

これではどれだけ勉強時間を積んでも記憶が定着しません。勉強できる人とできない人を分ける境界線と言っていいでしょう。

勉強できる人ほど復習(繰り返し)に時間をかける習慣を作っています。

点数が低い人ほど、同じことを繰り返すことを嫌います。「次は何をすればいいですか?」という人ばかり。

それなのに、実際に問題を出してみても正答率は低いんですよね…。心理的に新しいことをしたい気持ちはわかりますが、合格したいなら1冊を繰り返し読むことが重要と言えます。

効率よく覚える方法を「教員採用試験の勉強は復習が主役!効率的な覚え方を紹介」で解説しています。

福永
福永

知識がインプットできるまで、最低でも5回は反復することを自分の習慣として取り入れてしまいましょう。

教員採用試験の勉強法・内容を都道府県別に紹介!

令和5年度(2022年実施)教員採用試験の実施内容を都道府県ごとにまとめています。

志望する・併願する自治体の試験内容を把握して対策をはじめましょう。

(掲載中の自治体 ※随時更新中)
東京都大阪府神奈川県横浜市
千葉県埼玉県愛知県高知県
沖縄県岐阜県静岡県北海道
茨城県群馬県大阪市福岡市
栃木県兵庫県広島県宮城県
神戸市京都府岡山県三重県
京都市名古屋市福岡県

東京都教員採用試験の勉強法

一次試験教職教養「学習指導要領」や「教育基本法」など、教員として備えておくべき知識を測る筆記試験
専門教養教員として授業等を行う上で必要な専門的知識を問う筆記試験
論文筆記試験では判断できない「課題把握力」、「実践的指導力」、「論理的表現力」などの能力を評価する試験
二次試験個人面接筆記では判断できない受験者の人間性や教員への資質・適性、志望意欲などを評価する試験
集団面接テーマに沿って受験者同士で議論させることで、集団組織のなかでどのような行動を取るのか判断する試験
実技試験教科・科目に関する実践力を備えているのか評価する試験です。

試験内容は幅広いです。

傾向や特徴をしっかり把握して効率よく勉強することがポイント。詳しくは「東京都教員採用試験の内容は?一次・二次別に傾向と勉強方法を解説」を参考にしてください。

大阪府教員採用試験の勉強法

一次教職一般 教員として知っておくべき知識を問う「教職教養」と計算力や読解力を測る「思考力・判断力を問う科目」で構成される筆記試験
二次個人面接 筆記では判断できない受験者の人間性や教員への資質・適性、志望意欲などを評価する試験
三次専門教養 教員として授業等を行う上で必要な専門的知識を問う筆記試験
個人面接
模擬授業
筆記では判断できない受験者の人間性や教員への資質・適性、志望意欲などを評価する試験 (模擬授業含む)
実技試験 教科・科目に関する実践力を備えているのか評価する試験です。

試験内容は幅広いです。

傾向や特徴をしっかり把握して効率よく勉強することがポイント。詳しくは「大阪府教員採用試験の内容は何が重要?傾向と勉強方法を徹底解説!」を参考にしてください。

大阪市教員採用試験の勉強法

一次教職一般 教員として知っておくべき知識を問う「教職教養」と計算力や読解力を測る「思考力・判断力を問う科目」で構成される筆記試験
個人面接 筆記では判断できない受験者の人間性や教員への資質・適性、志望意欲などを評価する試験
二次専門教養 教員として授業等を行う上で必要な専門的知識を問う筆記試験
個人面接 筆記では判断できない受験者の人間性や教員への資質・適性、志望意欲などを評価する試験 。
実技試験 教科・科目に関する実践力を備えているのか評価する試験です。

試験内容は幅広いです。

傾向や特徴をしっかり把握して効率よく勉強することがポイント。詳しくは「大阪市教員採用試験の内容は?傾向や受かる勉強方法を解説」を参考にしてください。

神奈川県教員採用試験の勉強法

一次試験教職専門教員として知っておくべき知識を問う「教職科目」と高校までに学んだ知識力を測る「一般科目」で構成される筆記試験です。
教科専門教員として授業等を行う上で必要な専門的知識を問う筆記試験
論文筆記試験では判断できない「課題把握力」、「実践的指導力」、「論理的表現力」などの能力を評価する試験
二次試験個人面接筆記では判断できない受験者の人間性や教員への資質・適性、志望意欲などを評価する試験
模擬授業テーマに沿って実際に授業をさせることで受験者の専門性や指導力、教員としての資質などを評価
実技試験教科・科目に関する実践力を備えているのか評価する試験です。

試験内容は幅広いです。

傾向や特徴をしっかり把握して効率よく勉強することがポイント。詳しくは「神奈川県教員採用試験の内容は?一次・二次の傾向と勉強方法を解説」を参考にしてください。

横浜市教員採用試験の勉強法

一次試験教職専門教員として知っておくべき知識を問う「教職科目」と高校までに学んだ知識力を測る「一般科目」で構成される筆記試験です。
教科専門教員として授業等を行う上で必要な専門的知識を問う筆記試験
二次試験個人面接筆記では判断できない受験者の人間性や教員への資質・適性、志望意欲などを評価する試験
模擬授業テーマに沿って実際に授業をさせることで受験者の専門性や指導力、教員としての資質などを評価
論文筆記試験では判断できない「課題把握力」、「実践的指導力」、「論理的表現力」などの能力を評価する試験
実技試験教科・科目に関する実践力を備えているのか評価する試験です。

試験内容は幅広いです。

傾向や特徴をしっかり把握して効率よく勉強することがポイント。詳しくは「横浜市教員採用試験の内容は?一次・二次ごとに傾向や勉強方法を解説!」を参考にしてください。

埼玉県教員採用試験の勉強法

一次試験教職一般教員として知っておくべき知識を問う「教職科目」と高校までに学んだ知識力を測る「一般科目」で構成される筆記試験です。
専門教養教員として授業等を行う上で必要な専門的知識を問う筆記試験
二次試験個人面接筆記では判断できない受験者の人間性や教員への資質・適性、志望意欲などを評価する試験
集団討論テーマに沿ってグループで相談しながら意見をまとめさせることで受験者のリーダーシップや使命感、協調性などを評価
集団面接テーマに沿って複数の受験者が同じ質問に回答する面接試験
論文試験筆記試験では判断できない「課題把握力」、「実践的指導力」、「論理的表現力」などの能力を評価する試験
実技試験教科・科目に関する実践力を備えているのか評価する試験です。

試験内容は幅広いです。

傾向や特徴をしっかり把握して効率よく勉強することがポイント。詳しくは「埼玉県教員採用試験の内容は?傾向と勉強方法を徹底解説!」を参考にしてください。

茨城県教員採用試験の勉強法

一次試験教職一般教員として知っておくべき知識を問う「教職科目」と茨城県の教育施策に関する記試験です。
専門教養教員として授業等を行う上で必要な専門的知識を問う筆記試験
二次試験個人面接筆記では判断できない受験者の人間性や教員への資質・適性、志望意欲などを評価する試験
集団討論テーマに沿ってグループで相談しながら意見をまとめさせることで受験者のリーダーシップや使命感、協調性などを評価
論文試験筆記試験では判断できない「課題把握力」、「実践的指導力」、「論理的表現力」などの能力を評価する試験
実技試験教科・科目に関する実践力を備えているのか評価する試験です。

試験内容は幅広いです。

傾向や特徴をしっかり把握して効率よく勉強することがポイント。詳しくは「茨城県教員採用試験の内容は?傾向と勉強方法を解説!」を参考にしてください。

栃木県教員採用試験の勉強法

一次試験一般教養教員として知っておくべき知識を問う「教職科目」と茨城県の教育施策に関する記試験です。
専門教養教員として授業等を行う上で必要な専門的知識を問う筆記試験
実技試験 教科・科目に関する実践力を備えているのか評価する試験です。
二次試験個人面接筆記では判断できない受験者の人間性や教員への資質・適性、志望意欲などを評価する試験
集団討論テーマに沿ってグループで相談しながら意見をまとめさせることで受験者のリーダーシップや使命感、協調性などを評価
作文試験筆記試験では判断できない「課題把握力」、「実践的指導力」、「論理的表現力」などの能力を評価する試験
実技試験教科・科目に関する実践力を備えているのか評価する試験です。

試験内容は幅広いです。

傾向や特徴をしっかり把握して効率よく勉強することがポイント。詳しくは「栃木県教員採用試験の対策は何から?内容と傾向を徹底解説!」を参考にしてください。

群馬県教員採用試験の勉強法

一次試験教職一般教員として知っておくべき知識を問う「教職教養」と中学から高校までに習った知識力を測る「一般教養」で構成される筆記試験
専門教養教員として授業等を行う上で必要な専門的知識を問う筆記試験
小論文筆記試験では判断できない「課題把握力」、「実践的指導力」、「論理的表現力」などの能力を評価する試験
二次試験個人面接筆記では判断できない受験者の人間性や教員への資質・適性、志望意欲などを評価する試験
集団面接自己PRや志望動機などについて人間性や協調性を評価する集団による人物試験
実技試験教科・科目に関する実践力を備えているのか評価する試験です。

試験内容は幅広いです。

傾向や特徴をしっかり把握して効率よく勉強することがポイント。詳しくは「群馬県教員採用試験の内容は?一次・二次の傾向と勉強方法を解説」を参考にしてください。

千葉県・千葉市教員採用試験の勉強法

一次試験教職教養教員として知っておくべき知識を問う「教職教養」と中学から高校までに習った知識力を測る「一般教養」で構成される筆記試験
専門教養教員として授業等を行う上で必要な専門的知識を問う筆記試験
集団面接面接官の質問に対して、順番に回答する試験ではなくテーマに沿って受験者同士で議論
二次試験個人面接筆記では判断できない受験者の人間性や教員への資質・適性、志望意欲などを評価する試験
模擬授業テーマに沿って実際に授業をさせることで受験者の専門性や指導力、教員としての資質などを評価
実技試験教科・科目に関する実践力を備えているのか評価する試験です。

試験内容は幅広いです。

傾向や特徴をしっかり把握して効率よく勉強することがポイント。詳しくは「千葉県教員採用試験の内容は?一次・二次別に傾向と勉強方法を解説!」を参考にしてください。

広島県・広島市教員採用試験の勉強法

一次試験教職教養教員として知っておくべき知識を問う「教職教養」のみで構成される筆記試験
専門教養教員として授業等を行う上で必要な専門的知識を問う筆記試験
二次試験個人面接筆記では判断できない受験者の人間性や教員への資質・適性、志望意欲などを評価する試験
模擬授業テーマに沿って実際に授業をさせることで受験者の専門性や指導力、教員としての資質などを評価
実技試験教科・科目に関する実践力を備えているのか評価する試験です。

試験内容は幅広いです。

傾向や特徴をしっかり把握して効率よく勉強することがポイント。詳しくは「広島県教員採用試験の勉強法!試験内容ごとに傾向を徹底解説」を参考にしてください。

福岡県教員採用試験の勉強法

一次試験教養試験教員として知っておくべき知識を問う「教職教養」と中学から高校までに習った知識力を測る「一般教養」で構成される筆記試験
専門教養教員として授業等を行う上で必要な専門的知識を問う筆記試験
二次試験個人面接筆記では判断できない受験者の人間性や教員への資質・適性、志望意欲などを評価する試験
模擬授業テーマに沿って実際に授業をさせることで受験者の専門性や指導力、教員としての資質などを評価
実技試験教科・科目に関する実践力を備えているのか評価する試験です。

試験内容は幅広いです。

傾向や特徴をしっかり把握して効率よく勉強することがポイント。詳しくは「【初心者必見】福岡県教員採用試験の勉強法!試験内容と傾向を解説」を参考にしてください。

福岡市教員採用試験の勉強法

一次試験教養試験教員として知っておくべき知識を問う「教職教養」と中学から高校までに習った知識力を測る「一般教養」で構成される筆記試験
専門教養教員として授業等を行う上で必要な専門的知識を問う筆記試験
二次試験個人面接筆記では判断できない受験者の人間性や教員への資質・適性、志望意欲などを評価する試験
模擬授業テーマに沿って実際に授業をさせることで受験者の専門性や指導力、教員としての資質などを評価
実技試験教科・科目に関する実践力を備えているのか評価する試験です。

試験内容は幅広いです。

傾向や特徴をしっかり把握して効率よく勉強することがポイント。詳しくは「福岡市教員採用試験の勉強方法は?内容と傾向を徹底解説!」を参考にしてください。

北海道・札幌市教員採用試験の勉強法

一次試験教職・一般 教員として知っておくべき知識を問う「教職教養」と岐阜県の教育施策などに関する問題で構成される筆記試験
専門教養教員として授業等を行う上で必要な専門的知識を問う筆記試験
二次試験個人面接筆記では判断できない受験者の人間性や教員への資質・適性、志望意欲などを評価する試験
教科等指導法志望教科の指導方法に関する筆記試験
実技試験 教科・科目に関する実践力を備えているのか評価する試験です。

試験内容は幅広いです。

傾向や特徴をしっかり把握して効率よく勉強することがポイント。詳しくは「北海道・札幌市教員採用試験の内容は?傾向と受かるための勉強方法」を参考にしてください。

愛知県教員採用試験の勉強法

一次試験教職・一般教養教員として知っておくべき知識を問う「教職科目」と高校までに学んだ知識力を測る「一般科目」で構成される筆記試験です。
専門教養教員として授業等を行う上で必要な専門的知識を問う筆記試験
論文筆記試験では判断できない「課題把握力」、「実践的指導力」、「論理的表現力」などの能力を評価する試験
二次試験個人面接筆記では判断できない受験者の人間性や教員への資質・適性、志望意欲などを評価する試験
実技試験教科・科目に関する実践力を備えているのか評価する試験です。

試験内容は幅広いです。

傾向や特徴をしっかり把握して効率よく勉強することがポイント。詳しくは「愛知県教員採用試験の内容(一次・二次)は?傾向と勉強方法を徹底解説!」を参考にしてください。

名古屋市教員採用試験の勉強法

一次試験総合教養教員として知っておくべき知識を問う「教職科目」と高校までに学んだ知識力を測る「一般科目」で構成される筆記試験です。
専門教養教員として授業等を行う上で必要な専門的知識を問う筆記試験
小論文筆記試験では判断できない「課題把握力」、「実践的指導力」、「論理的表現力」などの能力を評価する試験
二次試験個人面接筆記では判断できない受験者の人間性や教員への資質・適性、志望意欲などを評価する試験
集団面接グループでの意見交換や発表などを通して人間性や協調性を評価する集団による人物試験
実技試験教科・科目に関する実践力を備えているのか評価する試験です。

試験内容は幅広いです。

傾向や特徴をしっかり把握して効率よく勉強することがポイント。詳しくは「名古屋市教員採用試験の勉強法|内容ごとに傾向と対策方法を解説」を参考にしてください。

岐阜県教員採用試験の勉強法

一次試験教職教養 教員として知っておくべき知識を問う「教職教養」と岐阜県の教育施策などに関する問題で構成される筆記試験
専門教養教員として授業等を行う上で必要な専門的知識を問う筆記試験
集団面接自己PRや志望動機などについて人間性や協調性を評価する集団による人物試験
二次試験個人面接筆記では判断できない受験者の人間性や教員への資質・適性、志望意欲などを評価する試験
プレゼン教育現場で起こる生徒指導や保護者対応への適性を図る実演試験
論文 筆記試験では判断できない「課題把握力」、「実践的指導力」、「論理的表現力」などの能力を評価する試験
模擬授業教科・科目に関する実践力を備えているのか評価する試験です。

兵庫県教員採用試験の勉強法

一次試験一般教養教員として知っておくべき知識を問う「教職科目」と高校までに学んだ知識力を測る「一般科目」で構成される筆記試験です。
専門教養教員として授業等を行う上で必要な専門的知識を問う筆記試験
集団面接テーマに沿ってグループで話し合い、人間性や協調性を評価する集団による人物試験
二次試験個人面接筆記では判断できない受験者の人間性や教員への資質・適性、志望意欲などを評価する試験
模擬授業教科・科目に関する実践力を備えているのか評価する試験です。
実技試験 (一部の教科)教科・科目に関する実践力を備えているのか評価する試験です。

試験内容は幅広いです。

傾向や特徴をしっかり把握して効率よく勉強することがポイント。詳しくは「兵庫県教員採用試験の勉強法!試験内容と傾向を完全解説」を参考にしてください。

京都府教員採用試験の勉強法

一次試験専門教養教員として授業等を行う上で必要な専門的知識を問う筆記試験
小論文筆記試験では判断できない「課題把握力」、「実践的指導力」、「論理的表現力」などの能力を評価する試験
面接試験筆記では判断できない受験者の人間性や教員への資質・適性、志望意欲などを評価する試験
二次試験教職教養教員として知っておくべき知識を問う「教職科目」と京都府の教育施策に関する筆記試験
個人面接筆記では判断できない受験者の人間性や教員への資質・適性、志望意欲などを評価する試験
実践力テスト教科・科目に関する実践力を備えているのか評価する試験です。
実技試験 (一部の教科)教科・科目に関する実践力を備えているのか評価する試験です。

試験内容は幅広いです。

傾向や特徴をしっかり把握して効率よく勉強することがポイント。詳しくは「京都府教員採用試験の内容は?傾向と勉強方法を解説!」を参考にしてください。

京都市教員採用試験の勉強法

一次試験一般・教職教員として知っておくべき知識を問う「教職科目」と高校までに学んだ知識力を測る「一般科目」で構成される筆記試験です。
教科専門教員として授業等を行う上で必要な専門的知識を問う筆記試験
個人面接筆記では判断できない受験者の人間性や教員への資質・適性、志望意欲などを評価する試験
二次試験論文筆記試験では判断できない「課題把握力」、「実践的指導力」、「論理的表現力」などの能力を評価する試験
集団討議テーマに沿ってグループで話し合い、人間性や協調性を評価する集団による人物試験
模擬授業教科・科目に関する実践力を備えているのか評価する試験です。
実技試験 (一部の教科)教科・科目に関する実践力を備えているのか評価する試験です。

試験内容は幅広いです。

傾向や特徴をしっかり把握して効率よく勉強することがポイント。詳しくは「京都市教員採用試験の内容と傾向!効果的な勉強法を徹底解説」を参考にしてください。

神戸市教員採用試験の勉強法

一次試験教職・一般教養教員として知っておくべき知識を問う「教職科目」と高校までに学んだ知識力を測る「一般科目」で構成される筆記試験です。
専門教養教員として授業等を行う上で必要な専門的知識を問う筆記試験
集団面接テーマに沿ってグループで話し合い、人間性や協調性を評価する集団による人物試験
二次試験個人面接筆記では判断できない受験者の人間性や教員への資質・適性、志望意欲などを評価する試験
小論文筆記試験では判断できない「課題把握力」、「実践的指導力」、「論理的表現力」などの能力を評価する試験
実技試験 (一部の教科)教科・科目に関する実践力を備えているのか評価する試験です。

試験内容は幅広いです。

傾向や特徴をしっかり把握して効率よく勉強することがポイント。詳しくは「神戸市教員採用試験の勉強法は?試験内容と傾向を徹底解説」を参考にしてください。

三重県教員採用試験の勉強法

一次試験教職・一般教養教員として知っておくべき知識を問う「教職科目」と高校までに学んだ知識力を測る「一般科目」で構成される筆記試験です。
専門教養教員として授業等を行う上で必要な専門的知識を問う筆記試験
二次試験個人面接筆記では判断できない受験者の人間性や教員への資質・適性、志望意欲などを評価する試験。冒頭で模擬授業を実施
集団面接グループに分かれて討議することで協調性やリーダーシップなどを評価
論述筆記試験では判断できない「課題把握力」、「実践的指導力」、「論理的表現力」などの能力を評価する試験
実技試験 (一部の教科)教科・科目に関する実践力を備えているのか評価する試験です。

試験内容は幅広いです。

傾向や特徴をしっかり把握して効率よく勉強することがポイント。詳しくは「【やればできる!】三重県教員採用試験の内容は?傾向と勉強方法を徹底解説」を参考にしてください。

静岡県教員採用試験の勉強法

一次試験教職・一般教養教員として知っておくべき知識を問う「教職科目」と高校までに学んだ知識力を測る「一般科目」で構成される筆記試験です。
専門教養教員として授業等を行う上で必要な専門的知識を問う筆記試験
個人面接筆記では判断できない受験者の人間性や教員への資質・適性、志望意欲などを評価する試験
実技試験(一部の教科)教科・科目に関する実践力を備えているのか評価する試験です。
二次試験個人面接筆記では判断できない受験者の人間性や教員への資質・適性、志望意欲などを評価する試験
集団面接面接官の質問に対して、順番に回答する試験ではなくテーマに沿って受験者同士で議論
論文(高校志望者)筆記試験では判断できない「課題把握力」、「実践的指導力」、「論理的表現力」などの能力を評価する試験
実技試験(一部の教科)教科・科目に関する実践力を備えているのか評価する試験です。

試験内容は幅広いです。

傾向や特徴をしっかり把握して効率よく勉強することがポイント。詳しくは「静岡県教員採用試験の内容は?傾向と勉強方法を徹底解説」を参考にしてください。

宮城県教員採用試験の勉強法

一次試験教職・一般教養教員として知っておくべき知識を問う「教職科目」と高校までに学んだ知識力を測る「一般科目」で構成される筆記試験です。
専門教養教員として授業等を行う上で必要な専門的知識を問う筆記試験
二次試験個人面接筆記では判断できない受験者の人間性や教員への資質・適性、志望意欲などを評価する試験
集団討議テーマに沿ってグループで話し合い、人間性や協調性を評価する集団による人物試験
実技試験(一部の教科)教科・科目に関する実践力を備えているのか評価する試験です。

試験内容は幅広いです。

傾向や特徴をしっかり把握して効率よく勉強することがポイント。詳しくは「宮城県教員採用試験の内容は?傾向と効率的な勉強方法を解説」を参考にしてください。

岡山県教員採用試験の勉強法

一次試験教職教養教員として知っておくべき知識を問う「教職科目」と京都府の教育施策に関する筆記試験
専門教養教員として授業等を行う上で必要な専門的知識を問う筆記試験
個人面接筆記では判断できない受験者の人間性や教員への資質・適性、志望意欲などを評価する試験
二次試験個人面接筆記では判断できない受験者の人間性や教員への資質・適性、志望意欲などを評価する試験
グループワークテーマに沿ってグループで話し合い、人間性や協調性を評価する集団による人物試験
模擬授業
口頭試問
教科・科目に関する実践力を備えているのか評価する試験です。
実技試験(一部の教科)教科・科目に関する実践力を備えているのか評価する試験です。

試験内容は幅広いです。

傾向や特徴をしっかり把握して効率よく勉強することがポイント。詳しくは「岡山県教員採用試験の勉強法!内容と傾向を完全解説」を参考にしてください。

高知県教員採用試験の勉強法

一次試験教職教養教員として知っておくべき知識を問う「教職教養」と中学から高校までに習った知識力を測る「一般教養」で構成される筆記試験
専門教養教員として授業等を行う上で必要な専門的知識を問う筆記試験
二次試験個人面接筆記では判断できない受験者の人間性や教員への資質・適性、志望意欲などを評価する試験
模擬授業テーマに沿って実際に授業をさせることで受験者の専門性や指導力、教員としての資質などを評価
実技試験教科・科目に関する実践力を備えているのか評価する試験です。

試験内容は幅広いです。

傾向や特徴をしっかり把握して効率よく勉強することがポイント。詳しくは「高知県教員採用試験の内容は?試験傾向から勉強方法まで徹底解説!」を参考にしてください。

沖縄県教員採用試験の勉強法

一次教職一般 教員として知っておくべき知識を問う「教職教養」と計算力や読解力を測る「思考力・判断力を問う科目」で構成される筆記試験
専門教科 教員として授業等を行う上で必要な専門的知識を問う筆記試験
二次個人面接
模擬授業
筆記では判断できない受験者の人間性や教員への資質・適性、志望意欲などを評価する試験 (模擬授業含む)
実技試験 教科・科目に関する実践力を備えているのか評価する試験です。

試験内容は幅広いです。

傾向や特徴をしっかり把握して効率よく勉強することがポイント。詳しくは「沖縄県教員採用試験の内容は?一次、二次の傾向と勉強方法を解説」を参考にしてください。

【今からでも間に合う】教員採用試験の勉強法まとめ

本記事は教員採用試験の勉強法について紹介しました。

再度、内容のおさらいです。

  • 教員採用試験の勉強はいつから?
    6カ月~9か月が大半を占める!
  • 勉強が必要な筆記試験は?
    ・教職・一般教養
    ・専門教養
    ・論文試験
  • 勉強に必要なものは?
    ・過去問
    ・参考書
    ・問題集
  • 教員採用試験の勉強は何から始める?
    ・過去問から!これで勉強の7割は終わり
  • やってはいけない勉強法
    ・ノートにまとめる
    ・書いて覚える
    ・完璧主義

教員採用試験は科目も範囲も膨大なので、まともに勉強していては試験までに終わることができません。

結局、中途半端な状態で試験を受けることになるので落ちてしまいます。

勉強期間は短くても、出題傾向に沿って効率よく勉強すれば十分に得点を重ねることは可能です

闇雲に勉強するのではなく、出題範囲を把握して効率よく勉強することを心がけてみましょう。