滋賀県教員採用試験の内容は?傾向と配点からわかる勉強のポイント

滋賀県教員採用試験の内容と勉強方法

「滋賀県教員採用試験の対策をはじめよう!」と思うものの、何からはじめていいかわかりませんよね。そもそも、どんな試験なのかどうかもよくわかっていない…。

教員採用試験は、自治体ごとに試験内容や出題される問題が違います。そのため、内容を知らずに対策することはNGです。

そこで本記事では、滋賀県教員採用試験の具体的な内容や傾向から対策方法まで解説します。今すぐにでも勉強を始めたいと考えている人は、ぜひこの記事を参考にしてみてください。

福永
福永

令和5年度、4年度の情報をもとに解説しています。流れは例年おなじなので来年以降に試験を控えている人でも感覚をつかめるはず。

滋賀県教員採用試験 対策ロードマップ

実践的なノウハウ・過去の出題傾向を体系的に学べる対策ロードマップを配信中!

【基礎知識】滋賀県教員採用試験とは?傾向を解説

滋賀県教員採用試験とは、滋賀県の公立学校で働く正規教員の採用候補者を決める選抜試験です。

まずはどんな試験なのか大まかな概要(令和5年度)を紹介します。

何歳まで?受験資格を確認

基本的には「年齢制限」と「教員免許状の取得(見込み)」を満たすことが必要です。

受験資格①:年齢制限

昭和48年4月2日以降に生まれた人

受験資格②:教員免許状の取得(見込み)

校種必要な免許状
小学校小学校教諭普通免許状
中学校当該教科の中学校教諭普通免許状
高等学校当該教科の高等学校教諭普通免許状
特別支援学校特別支援学校教諭普通免許状
養護教諭養護教諭普通免許状
栄養教諭栄養教諭普通免許状
出典:令和5年度受験案内より作成

試験はいつ?流れを紹介

滋賀県教員採用試験の基本的な流れは、以下のとおりです。

受験申込
一次試験
一次試験の合格発表
二次試験
最終合格
面談・採用・内定

例年3月ごろから、その年の受験案内がホームページに公表され始め、4月下旬から、順次受験申し込みの受け付けが開始されます。出願はインターネットでの申し込みになるため、パソコンを利用できる環境が必要です。

無事にエントリーできたら6月下旬~7月上旬にかけて1次試験が行なわれます。合格者は8月上中旬に、面接を中心とした2次試験を受けて基準点を超えれば最終合格です。

なお、受験案内の掲載時期やそれぞれの試験の受験時期は、あくまで目安です。その年によっても異なる可能性があるため、最新情報を忘れずにチェックしてください。

関連記事【令和5(2023年度)】滋賀県教員採用試験の日程はいつ?合格までの流れを解説

募集教科と採用予定人数

校種教科採用数前年比
小学校250+20
中学校国語、社会、数学、理科、音楽、美術、保健体育、技術、家庭、英語135+5
高等学校国語、日本史、世界史、数学、物理、化学、生物、地学、保健体育、美術、英語、情報、農業、工業、商業80+5
特別支援65+10
養護教諭10-15
栄養教諭5
出典:令和5年度受験案内より作成

※障害者特別選考、スポーツ特別選考、社会人特別選考および国際貢献活動経験者特別選考における採用予定数も採用予定数に含みます。

合格率

滋賀県教員採用試験の全体の合格率は22%前後で推移しています。

令和4年度(2021年実施)の合格率は23.6%で前年度より少し減少しましたが難度は普通だったと思います。

年度合格率受験者合格者
平成30年度20.2%2,420488
平成31年度21.0%2,327489
令和2年度22.6%1,811409
令和3年度24.9%1,900473
令和4年度23.6%2,237527
出典:滋賀県教員採用試験実施結果より作成

関連記事【最新】滋賀県教員採用試験の倍率は3倍台に突入?校種別に推移を解説!

滋賀県教員採用試験の内容は?傾向を紹介

滋賀県教員採用試験の内容は、大きく「筆記試験」と「面接試験」に分類できます。

試験は段階式で行われ、まず一次選考で受験者をふるいにかけ人数を絞ります。その後、一次選考の合格者を対象に二次選考を行い最終合格者を決定するという流れです。

主な試験内容は以下のとおり。

一次試験一般教養・教職教養
専門教科・科目
小論文
集団面接(討論含む)
二次試験個人面接
指導実技(模擬授業)
専門実技
出典:令和5年度受験案内より作成

一般教養・教職教養の内容

教養試験は、学習指導要領や教育に関する法律などの教師力を測る「教職教養」と今までに習った学力を測る「一般教養」で構成される筆記試験です。

要は科目の多い大学入学共通テスト(旧センター試験)のようなもので、その多くが大学の教職課程や高校までに学んだ内容です。一度は勉強したことがある科目ばかりなので馴染みはあると思いますが、科目数は10以上もあるので対策に苦労する受験者が多い。

福永
福永

全校種・教科が同じ問題を解きます!

教養試験の傾向

試験時間40分
問題数30問
出題形式空欄補充、正誤問題
解答方式四肢択一式
(マークシート)
配点比率10~20%
出典:令和4・5年度本試験・受験案内より作成
試験時間が変更に?

令和4年度までは60分でしたが、令和5年度から40分になっています。それに伴って問題数も減る可能性があるので注意が必要です。

出典:令和5年度受験案内より作成

試験科目・範囲は膨大なので出題数の多い科目や頻出分野を把握し、効率よく勉強することがポイントです。出題科目や勉強方法を下記記事で解説しています。

関連記事【滋賀県教員採用】教養試験の教科書|出題傾向と勉強方法を解説!

専門教科・科目の内容

専門試験は、教員として授業等を行う上で必要な専門的知識を問う筆記試験で、志望する校種・教科に応じて試験問題が異なります。

試験レベルは中学〜高校までに習う部分が中心に出題されますが、大学の専門課程で学習するレベルの問題も出ています。そのため、よく大学入試と比較されるのですが、大学入試と比べると、大学入試は広く深く、専門試験はやや広く浅くなので、大学入試のほうが難しいと感じる受験者は多いです。

専門教科・科目の傾向

試験時間60分
問題数教科による
出題形式空欄補充、正誤問題
解答方式記述式
配点20~30%
出典:令和4・5年度本試験・受験案内より作成

実際に自分が教える教科なので、平均点は高くなる傾向にあります。配点も教養試験に比べると高いため早めに準備をはじめることが大切です。

関連記事教員採用試験の専門教養科目とは?勉強法と重要な理由を解説!

小論文の内容

小論文は与えられたテーマについて文章を書かせることで、受験者の教職への熱意や教育問題に対する理解、思考力を判断する記述式の試験です。また、教育実践力や国語力など教員として必要な様々な資質を見ることができるんですね。

小論文の傾向

試験時間30分
文字数600字
配点20%
出典:令和4・5年度本試験・受験案内より作成

小論文には、筆記試験と違い完全な正解はありません。採点官は表現された内容を通して、受験者の教職の知識・指導力・適性などを判定すると同時に、人間性や人柄を評価することを理解して対策することが重要です。

過去の出題テーマや書き方などを下記記事で解説しています。併せて確認してください。

関連記事滋賀県教員採用試験の論文テーマは何がでる?文字数や対策法も解説

集団面接の内容

集団面接では、 筆記試験では判断できない受験者の人間性や教員への資質・適性、志望意欲などを評価する人物試験です。

面接形態は「面接+討論」で、受験者が6~8人で行います。

集団面接の流れ

集団面接(10分)

質問に対して1人1分ぐらいで回答します(挙手制)

内容は、おもに教職への意欲を問うものが多い。

  • どのような教員を志望していますか。
  • 理想とする教師像を教えてください。
  • 学校・地域の連携をするために必要なことは何ですか。
  • GIGAスクール構想をどのように捉え、授業に反映させますか。
集団討論(15分)

一般的なテーマについて、受験者同士で話し合います。

  • いじめ撲滅のために、学校でどのように取り組んでいきますか。
  • 保護者から「子どもが家で勉強しない」と相談を受けました。どのように対応しますか。
  • 「主体的・対話的で深い学び」をどのように捉え、どうしていきますか。
集団面接(10分)

再度、社会一般の事柄や教師観などを問う質問に回答する(挙手制)

  • 社会人にとって大切なことは何ですか。
  • SNSのメリット・デメリットをどのように伝えますか。
  • 家庭内学習はどのくらい重要ですか。
  • 気になるニュースはありますか。

※出典:令和4年度本試験より作成

自己PR(10分)

受験番号順に1人1分以内の自己アピールをします。

集団討論(15分)

テーマについて、受験者同士で話し合います。

  • 自己肯定感を高めるためにはどうすればいいですか。
  • グローバルな人材を育成するために必要なこと。
  • キャリア教育の重要性
集団面接(10分)

教職関連、社会一般の事柄、教師観などを問う質問に回答する(指名制)

  • 地域、家庭の教育力について、どのように考えていますか。
  • 生徒の自尊感情を高めるために何をしたらいいですか。
  • 人と人とのつながりを大事にするためにどのようなことをしますか。
  • 保護者や地域から信頼されるためにどのような取組をしますか。

※出典:令和4年度本試験より作成

集団面接では、複数の受験者がいるため面接官の評価は分散しやすいです。そのため、ちょっとした挙動や発言が印象に残ってしまい評価を大きく変化させることがあります。また、討論ではコミュニケーション能力の差が明確に現れるので対策は必須。

個人面接と異なり周りに人が多くいるため集中力を欠きやすく、周りに影響を受けることが多い点も意識しておきましょう。

福永
福永

配点比率は40%、一次試験の中では一番高いです!

個人面接の内容

個人面接では、 筆記試験では判断できない受験者の人間性や教員への資質・適性、志望意欲などを評価する人物試験です。

面接形態は「個人面接」で、面接官3人に対して受験者が1人で行います。過去の経歴や経験、志望動機から今後の抱負まで幅広い質問に回答しなければいけません

個人面接の傾向

試験時間20分
特徴面接官に臨床心理士がいる
※事前にバウムテストを実施
内容①滋賀県の教員として適切か
②教職公務員としての資質
面接カードあり
※二次試験で提出
配点(評価)1~10の10段階
出典:令和4年度本試験より作成

教員採用試験は人物重視です。そのため個人面接の結果は合否に大きく影響します。最近は受験者がどのような目的をもって行動したのか、その特性を探るコンピテンシー評価型面接で行われているので、その特徴を理解して対策しましょう。

過去の質問や面接カードの作成方法(自己PR、志望動機)に関する記事をまとめています。併せて確認してください。

関連記事【滋賀県教員採用】志望動機と自己PRの書き方は?過去の質問と対策法

指導実技(模擬授業)の内容

指導実技(模擬授業)は、自分が指導する教科・科目に関するテーマに沿って、実際に授業を行う試験です。正確な知識を与えることももちろん重要ですが、何より重要なことはどのように子どもの興味関心を高めることができるかという点です。

そのため、日常生活との関連づけ、子どもの発達の段階に合わせた展開をすることが重要となることを理解して対策しましょう。

指導実技(模擬授業)の傾向

試験時間5~10分
内容教科・科目指導
テーマ【小学校】
国語:修飾と被修飾との関係について例文を使って指導しなさい。

【中学校 保健体育】
生活習慣病を予防するために、身につけるべき生活習慣について指導しなさい。

【中学校 社会】
日本の人口に関し、過疎・過密問題の課題について指導しなさい
配点(評価)1~10の10段階
出典:令和4年度本試験より作成

実際の授業では子どもとのやり取り・掛け合いが非常に重要となります。発問や質問を重ねて、クラス全体で授業をつくっていくことを意識して準備しましょう。

COLUMN:対策のポイント

合格のためには、筆記試験と面接試験の両方をきちんと対策する必要があります。とくに教職教養・一般教養は科目・範囲が膨大に見えますが、出題傾向を分析して効率的に勉強すれば、必要ない科目が多いことに気づきます。しっかり情報を入れて対策してください。

関連記事【滋賀県教員採用】教養試験の教科書|出題傾向と勉強方法を解説!

面接試験は、志望動機や自己PRなどを準備するだけでなく、本番を想定した練習をやっておくことがポイントになります。事前に想定されうる質問に目を通しどんな質問が問われても自信を持って答えられるように早めに準備をはじめましょう。

関連記事【滋賀県教員採用】志望動機と自己PRの書き方は?過去の質問と対策法

滋賀県教員採用試験の配点は?合格者の決定方法を確認

これから対策を始めるうえで配点や選考方法を知っておくことは重要です。ココを間違えてしまい、見当違いな対策にならないように注意して勉強しましょう

試験配点

「一般教養・教職教養」および「専門教科・科目」は100点満点で採点し、それ以外は10段階で評価します。選考試験の各区分の配点割合は、次のとおりです。

一次試験

校種 / 試験教職専門論文面接
小学校20%20%20%40%
中学校15%25%
高等学校10%30%
特別支援20%20%
養護教諭20%20%
栄養教諭20%20%
出典:令和5年度受験案内より作成

二次試験

校種 / 試験指導実技専門実技面接
小学校20%20%60%
中学校40%(20%)
高等学校40%(20%)
特別支援40%
養護教諭40%
栄養教諭40%
出典:令和5年度受験案内より作成

一次試験合格者の決定方法(選考基準)

一次試験の合格者は、区分ごとの評価に係数を掛けて得点を出し、その合計得点(50点満点)で合否を決定する。しかし、いずれかの試験において著しく低い成績があった場合は不合格となります(=足切り)。

出典:令和4年度第一次選考判定基準より作成

福永
福永

足切りラインの目安は2割以下です。気をつけましょう!

足切りにならないように、傾向を把握してきちんと対策しましょう。

関連記事【滋賀県教員採用】教養試験の教科書|出題傾向と勉強方法を解説!

関連記事滋賀県教員採用試験の論文テーマは何がでる?文字数や対策法も解説

二次試験合格者の決定方法

二次試験の合格者(最終合格)は、面接試験、指導実技及び専門実技の評価ごとに係数を掛けて得点を出し、その合計得点(50点満点)で合否を決定する。しかし、いずれかの試験において著しく低い成績があった場合は不合格となります。

出典:令和4年度第二次選考判定基準より作成

一次試験(主に筆記試験)の結果は二次試験では使われません。そのため、筆記対策ばかりに時間を使うのはNGです。試験ごとの重要性を意識してバランスよく対策しましょう。

関連記事【滋賀県教員採用】志望動機と自己PRの書き方は?過去の質問と対策法

滋賀県教員採用試験の試験内容と傾向まとめ

滋賀県教員採用試験の内容は幅広いため、「難しそうだな…。」と感じたかもしれませんが、この内容をしっかりと理解して対策していかなければ合格できません。

しっかりと試験の本質を理解して正しい努力をすればある程度の結果は見えてきます。

もちろん、何も傾向を理解せず適当に勉強するだけでは時間のムダになってしまいますが、この記事を見ているような勉強熱心なあなたなら大丈夫です!適当に勉強しているその他大勢の人に負けるわけありません。

勤勉なあなたは結果を出すことができるので安心してノウハウを学んで、まずは対策に時間のかかる筆記試験から勉強をはじめていきましょう。

滋賀県教員採用試験 対策ロードマップ

実践的なノウハウ・過去の出題傾向を体系的に学べる対策ロードマップを配信中!