埼玉県教員採用試験の内容は?傾向と勉強方法を徹底解説!

埼玉県教員採用試験の勉強法

  • 埼玉県教員採用試験の内容は何があるの?
  • 埼玉県教員採用試験の傾向は?。
  • 埼玉県教員採用試験はどうやって対策するの?

埼玉県教員採用試験の対策をはじめよう!」と思うものの、何からはじめていいかわかりませんよね。

そもそも、どんな試験があるのかどうかもよくわかっていない…。

教員採用試験は、自治体ごとに試験内容や出題される問題が違います。そのため、内容を知らずに対策することはNGです。

そこで本記事では、埼玉県教員採用試験の具体的な内容と、試験ごとの傾向から対策方法まで解説します。

埼玉県の教員になるには筆記対策と面接対策の両方が必要です。

今すぐにでも勉強を始めたいと考えている人は、ぜひこの記事を参考にしてみてください。

※一般選考の内容をまとめています。

💡 実践的な対策法・過去の出題傾向を体系的に学べる対策ロードマップも配信しています!

» 埼玉県教員採用試験を効率よく対策する完全ロードマップはこちら

埼玉県教員採用試験の内容は?

埼玉県教員採用試験は、大きく「筆記試験」と「面接試験」に分類できます。

試験は段階式で行われ、まず一次選考で受験者をふるいにかけ人数を絞ります。その後、一次選考の合格者を対象に二次選考を行い最終合格者を決定するという流れです。

試験の流れを知らない人は「【令和5(2023年度)】埼玉県教員採用試験の日程はいつ?流れを解説!」を参考にしてください。

まずは試験ごとに大まかな内容を把握しましょう。

福永
福永

令和5年度(2022年実施)の内容をまとめています。詳細は必ず要綱で確認してください。

一次試験の内容

  • 一般教養・教職科目
  • 専門教科

一次試験は筆記をメインに実施します。

二次試験の内容

  • 個人面接
  • 集団討論
  • 集団面接
  • 論文試験
  • 実技試験
  • 適性検査

二次試験は面接をメインに実施します。

配点

試験内容配点
一次試験一般教養・教職科目100点
専門教科100点
二次試験個人面接100点
集団討論90(80)点
(集団面接)(90)点
論文試験50点
実技試験50点
※(  )は高校、特別支援学校
COLUMN①:合格率はどうなっているのか

令和4年度(2021年実施)の合格率は32.8%と、前年より微増しました。

年度合格率受験者合格者
令和2年度25.1%6,5121,641
令和3年度26.6%6,1071,629
令和4年度32.8%5,8601,924

約4人に1人しか合格できない厳しい状況が続いています。試験ごとにみれば、一次合格率63.0%、二次合格率52.1%となっていることから面接の重要度が高いと考えられます。

関連記事【今後も下がる?】埼玉県教員採用試験の倍率推移を教科別に紹介!

埼玉県教員採用試験の勉強時間はどれくらい?

合格までにどれぐらいの勉強期間・時間が必要なのか気になりますよね。

勉強時間が多いからといって合格に直結するわけではありませんが、落ちる人の多くは圧倒的に量が少ないです。

目安は700時間

勉強時間は700時間〜を目標としましょう。

1日2時間やれば1年程度で達成できる時間ですね。

学業や仕事と両立しながら合格を目指すことになるので、負担がなく、現実的に勉強できる計画を立てて実行することが重要。

  • 1日2時間・・・350日(約1年間)
  • 1日3時間・・・233日(約8ヶ月)
  • 1日4時間・・・175日(約半年)

具体的な勉強方法は「【教員採用試験の勉強法】独学で合格したい初学者におすすめのやり方を完全解説」で解説しています。

短期集中がポイント

勉強時間の確保が難しい場合は、はやめに対策をはじめることにプラスして「効率性」を意識することが大切です。

どれだけ「量」をこなしても、「質」が伴っていないと効果減です。逆に「質」が良ければ、最低限の量をこなすだけで効果バツグン

なので、できるだけ短期集中(9ヶ月ぐらい)で覚えていくことが重要です。

勉強を始めるタイミングについては「教員採用試験の勉強はいつから?合格に必要な勉強時間とスケジュールを解説」でも詳しく解説しています。

埼玉県教員採用試験 一般教養・教職科目の傾向

一般教養・教職科目は、学習指導要領や教育に関する法律などの教師力を測る「教職教養」と高校までに習った学力を測る「一般教養」で構成される筆記試験です。

要は科目の多い大学入学共通テスト(旧センター試験)のようなもので、その多くが大学の教職課程や高校までに学んだ内容です。一度は勉強したことがある科目ばかりなので馴染みはあると思いますが、科目数は10以上もあるので対策に苦労する受験者が多い。

まずは、どんな科目が出ているのか確認しましょう。

一般教養・教職の試験科目

(2020〜2022年度 埼玉県教員採用試験で出題された科目一覧)
科目主な内容
教職教養教育原理学習指導要領や生徒指導など、教育の基礎知識、
教育法規教育基本法や学校教育法など、教育関連の法令知識。
教育心理学習に関する心理過程や成長発達、教育評価などの知識。
教育史教育制度や観念、思想など、教育の歴史に関する知識。
一般教養人文科学国語、英語、音楽、美術、保健体育
社会科学日本史、世界史、地理、政治、経済
自然科学数学、物理、化学、生物、地学、環境

これらの科目から44問出題されます。試験時間は60分しかないので、時間配分に注意しながら解くことが大切です。

出題は、正誤問題や空欄補充の組み合わせが多く、4個の選択肢から解答を選ぶ形式。解答方法は択一式(マークシート式)です。

福永
福永

校種に関係なく全員が同じ問題を解きます。

一般教養・教職の得点目標は6割

得点目標は「最低5割」というのが第一目標。小学校など倍率が低い一部の教科は5割でも十分に合格できているからです。高倍率になりやすい教科を考慮すれば最終的に6~7割を目安に取れれば十分と言えます。

したがって1科目ずつ深入りするより、頻出科目・重要箇所を把握してピンポイントで勉強することが重要。くれぐれも全科目・全範囲を満遍なく勉強するような方法は取らないようにしましょう。

一般教養・教職の対策方法

さて、一般教養・教職教養の科目や問題数、得点目標がわかったら、いよいよ問題を解くための勉強を始めていくわけですが、いったい何から勉強すればいいか悩みますよね。

結論からいうと、過去問です。これは高校生であっても、大学生・講師であっても、勉強を始める全員が最初に手をつけてください。このような話をすると、「まだ知識がないので、過去問は最後に実力を測るために使っちゃいけませんか?」とふざけたことを言う人は一定数いますが、別に真剣に解けと言っているわけじゃありません。

過去問は勉強を楽にするヒントがたくさん詰まった攻略本です。せっかく「こういう問題や範囲を出題しますよ」というヒントが書かれているのに、後回しにするってかなりヤバいですよね。逆に過去問を見ておけば「どの科目が多くでるのか」、「頻出分野はどこなのか」といった出題傾向がわかるので悩まずに勉強することができます。

したがって、勉強の初期段階では「科目ごとの出題数」および「頻出範囲」を確認すること、そのために過去問からはじめることが最適解です。

科目ごとの出題数(最重要科目)を把握する

勉強する主要科目をきちんと押さえること。

試験科目は多いですが、頻出科目は全体の2~3割ぐらいしかありません。ところが実際の勉強となると、すべての科目を勉強しようとしてしまう人ばかりです。

これを間違えると悲惨なことになります。

なんとなく勉強を始めている人ほど、試験傾向とはかけはなれたことをやっているため、時間をたくさん使っているわりに点数が伸びないことはよくあります。

こんな最悪のパターンを防ぐために主要科目を把握してから勉強してください。埼玉県で頻出の科目は下記記事で解説しています。

参考記事〔埼玉県教員採用〕教職・一般教養の勉強は何から?オススメの対策法を解説!

頻出分野から手をつける

また、重要科目だからといって全範囲を勉強することはNGです。なぜなら、すべての範囲から満遍まんべんなく出題されているわけではないから。

たとえば、教育原理の出題範囲は以下の13分野(213ページ)で構成されています。

❶ 教育の意義と目的
❷ 教育方法
➌ 学習指導要領
➍ 生徒指導
➎ 道徳教育
❻ 特別活動
➐ 人権同和教育
➑ 特別支援教育
➒ 社会教育
➓ 生涯学習
⓫ 学校と学級の運営
⓬ 教育時事
⓭ その他・総合

出典:オープンセサミ参考書(教職教養Ⅰ)

このままだと、頭の中で「あれもやらなきゃ」とか「これもしなきゃ」と考えてしまい、いざ、学習指導要領の勉強を始めても、「いや、学指よりも、まずは生徒指導なんじゃないか?」と悩んでしまいかねません。そして、生徒指導を始めてみたものの、「本当に大丈夫なのかな…。」と不安になってしまい、なおさら集中できなくなります。

四の五の言わずに全部やればいいじゃないか!と思うかもしれませんが、まったく出ない分野に時間をかけて勉強するのって嫌じゃないですか?

使える時間は限られているのに、出ない範囲まで時間を使っても損ですよね。これを間違えると、時間をたくさん使って勉強したのに点数が取れない、つまり不合格という悲惨な結末になってしまいます。

過去の出題傾向をしっかり把握しておけば、「どこから手をつければいいのか」なんて悩まなくてよくなります。まずは試験に必要な全体像をつかみ、最重要箇所から勉強していくようにしましょう。

なお、埼玉県の頻出分野は下記記事で解説しています。

参考記事〔埼玉県教員採用〕教職・一般教養の勉強は何から?オススメの対策法を解説!

埼玉県教員採用試験 教科専門の傾向

専門試験は、教員として授業等を行う上で必要な専門的知識を問う筆記試験です。

志望する校種・教科に応じて試験問題が異なります。

実際に自分が教える教科なので、平均点は高くなる傾向にあるため、早めに準備をはじめることが大切です。

教科専門の試験科目

教科ごとに出題される科目が違うので、過去問などをみて傾向を把握することが必要。

(主な教科と試験科目)
小学校国語分野、社会分野、算数分野、理科分野、英語分野など
中高国語現代文、古典分野など
中高社会地理、歴史、公民など
中高理科物理、化学、生物など
中高保体体育分野、保健分野など
特別支援特別支援教育に関する専門知識
養護教諭養護に関する専門知識

試験時間は60分ですが、問題数は教科によって異なります。

出題方式は教職教養と同じく択一式で、正答番号をマークシートに記入。

教科専門のレベル(難易度)

専門試験は、中学〜高校までに習う部分が中心に出題されますが、大学の専門課程で学習するレベルの問題も出ています。

そのため、よく大学入試と比較されるのですが、大学入試と比べると、大学入試は広く深く、専門試験はやや広く浅くなので、大学入試のほうが難しいと感じる受験者は多いです。

とはいえ、教員採用試験は教科知識だけでなく学習指導要領からも出題があるため注意が必要です。

教科専門の対策法

過去問を解いてみる

まずは、今の実力を把握するために問題を解いてみましょう!

なぜなら、実力によって勉強方法が変わるからです。

簡単にいうと、東大生と私大生(偏差値50)が同じ勉強をする必要はあるかということ

同じ勉強をしても効率が悪いのでレベルに応じた対策をしましょう。

教採専用の問題集で勉強する

教員採用試験用の問題集を使って対策しましょう!

どの分野がよく出るのか、どのような問われ方をするのか理解できるからです。

大学入試とは傾向が異なるので、最初に教採専用の教材で傾向を知ることがポイント!

専門試験でオススメの参考書を「【2023年版】教員採用試験でオススメの参考書・問題集は?選び方のコツ」で紹介しています。

(必要に応じて)大学受験の教材を使う

教採専用の教材は傾向把握には重宝しますが、高得点を取るには知識の穴が多いです。

そのため、必要に応じて大学受験用の教材をやることも一つの手です。

とはいえ、そこまで高得点が取れなくても合格できるので時間があればやってみましょう。

最後は全国の過去問を使って知識の総復習をしたり、模擬試験を活用したりしてください。

関連記事教員採用試験の専門教養科目とは?勉強法と重要な理由を解説!

埼玉県教員採用試験 論文の傾向

埼玉県教員採用試験の論文は、筆記試験では判断できない「課題把握力」、「実践的指導力」、「論理的表現力」などの能力を評価する試験です。

文章を使って「自分」を表現することができる唯一の筆記試験なので、合否の重要な判断材料となることを覚えておきましょう。

論文の傾向

埼玉県は教育論や教育施策について記述させ、現代教育に求められる能力や実践力・指導力を評価する傾向があります。

そのため日頃から教育改革の流れをつかんだり、埼玉県の取り組みを意識して行動したりすることが必要です。

出題テーマ例(小学校)

令和2年度教員としての資質・能力の向上
令和3年度育成すべき資質・能力
令和4年度埼玉県が求める教員像

論文の文字数

論文の文字数は決まっており、800字が設定されています。

文字数は下回っても、超えても減点になります。700字ぐらいを目安に練習するといいでしょう。

また、試験時間は60分です。

書き始めるとわかりますが、意外と時間は短いので、時間配分に注意してください。

論文の書き方(対策法)

「型」の勉強

まずは参考書で、基本的な文章の書き方を勉強しましょう。また、過去問を見て傾向を把握することも大切です。

オススメの参考書は「教員採用試験 差がつく論文の書き方」です。

いい答案、悪い答案を知ることができますよ。また、初めて勉強する人でもわかるように書かれているので、まったく論文が苦手な人は参考にしてください。

実際に書く

ある程度、論文の「型」を勉強したら、実際に自分の手を動かして書いてみましょう。そして必ず第三者に見せて評価を受けてください。

論文が書けている、書けていないは1人で判断できないので、「書く→添削」を1セットと考えることが大切です。

改善する

添削してもらった内容を改善して繰り返し書きましょう。

オススメの添削方法を「教員採用試験の論文で高評価を取るには?オススメの添削方法を紹介」で紹介しています。

論文はスポーツと同じで、何度も繰り返し書くことで徐々に上達する試験です。

傾向を押さえて対策をはじめましょう!

関連記事【埼玉県教員採用試験の論文テーマまとめ】最新~過去の問題まで紹介!

埼玉県教員採用試験 集団討論の傾向

埼玉県教員採用試験の集団討論は、テーマに沿ってグループで相談しながら意見をまとめさせることで受験者のリーダーシップや使命感、協調性などを評価します。

集団討論の流れ

令和4年度の内容をもとに流れを解説します。

テーマの発表

試験が始まる前に話し合うテーマが発表されます

自分の意見をまとめる

3分間の時間が与えられるので、自分の意見をまとめてください。

討論

テーマに沿ってグループで話し合います。

司会は立てないように指示があります。また、試験中は面接官が巡回します。気にせずにやってください。

まとめる

まとめた意見を発表する必要はありませんが、時間内で何かしらの意見をまとめるようにしましょう。

討論では自分の意見を堂々と発言することが大切です。

しかし、注意したいのが集団討論は、個人としての貢献度・参加度も重要だけど、「チームとして」評価されることを忘れてはいけません。

集団討論のテーマ

ここでは過去に出題された討論テーマを校種別にまとめています。

テーマは教科に関係なく共通なので、多くのテーマを使って対策してください。

令和2年度(2020年度)

小学校 あなたの勤める学校の地元自治体は、東京オリンピック・パラリンピックの開催にあたり、ある外国のホストタウンになっています。競技選手や関係者があなたの学校を訪れ、交流会を行うことになりました。そこで、交流会のねらいをどのように設定し、それに迫るためにどのような具体的な内容が考えられますか。グループとしての意見をまとめなさい。
中学校
養護教諭
栄養教諭
高等学校 あなたの勤める学校で実施している避難訓練について,より効果を高めるために新しい取組を企画することになりました。教員の防災意識及び児童生徒の防災意識を高めるため,それぞれ具体的にどのような取組が考えられるか,グループとしての意見をまとめなさい。
特別支援

令和3年度(2021年度)

小学校 あなたたちは,同じ学校に勤める教員です。あなたたちの勤める学校には,基本的生活習慣が欠けた子供たちが多く,しつけの役割についても学校が担っている状況があります。そのため,子供たちの学びを深められないことが課題となっています。この課題を克服するために,どのような取組を進めていきますか。グループとしての意見をまとめなさい。
中学校
養護教諭
栄養教諭
高等学校 あなたの勤める学校は,環境教育に力を入れています。地球温暖化,プラスチックゴミ問題など様々な環境問題がある中で,それらを改善するために学校としてどのような取組が考えられますか。グループとしての意見をまとめなさい。
特別支援

令和4年度(2022年度)

小学校 あなたたちは、同じ学校に勤める教員です。あなたの勤める学校では、地域全体で子供の学びや育ちを支えるため、保護者、地域の住民との連携を一層図っていくことになりました。具体的にどのような取組が考えられますか。グループとしての意見をまとめなさい。
中学校
養護教諭
栄養教諭
高等学校 あなたが勤める学校では、児童生徒の学習意欲を高めるため、体験活動の充実に力を入れています。これを具現化するために、どのような取組が考えられますか。グループとしての意見をまとめなさい。
特別支援

集団討論の評価基準

集団討論は面接官それぞれが下記の観点に沿って評価します。

(1) 積極性
○自分の意見を進んで述べているか。
○討論に意欲的に参加しているか。


(2) コミュニケーション能力
○討論の進展に沿って、発言しているか。
○他の人の意見を尊重しながら発言しているか。

(3) 貢献度
○方向性を示すなどして討論を活性化させたか。
○テーマについて建設的な発言をしたか。

(4) 表現力
○発言が簡潔明瞭で、声量や速さが適当か。
○相手が理解できるように工夫して発言しているか。

(5) 誠実さ
○言葉遣いが適切であるか。
○礼儀正しく、落ち着きがあるか。

埼玉県公立学校教員採用選考試験選考方針

とくに「積極性」や「貢献度」が重視されるので積極的に盛り上げていくことが大切です。

参考記事【これでOK】埼玉県教員採用試験の集団討論テーマ【校種別まとめ】

埼玉県教員採用試験 個人面接の傾向

埼玉県教員採用試験の個人面接は、筆記では判断できない受験者の人間性や教員への資質・適性、志望意欲などを評価する人物試験です。

試験時間は30分で、面接官2人から質問される形式。

小学校、中学校、養護教諭、栄養教諭を志望する人は場面指導も実施されます。

場面指導とは

場面指導は教育現場で起こりうる「生徒指導」や「保護者対応」の一場面を演じる試験です。

面接ではコミュニケーションを通して受験者の人間性や教員としての適性を評価しますよ。

個人面接の流れ

控室→面接室まで移動・待機

控室に集合し、順番に面接室前で待機します。

呼ばれたら入室。

場面指導

(小学校、中学校、養護教諭、栄養教諭の受験者)

冒頭に場面指導があります。

最初にテーマが発表されるので2分間で内容を考えます。その後、3分間で実演

個人面接

自己PRや志望動機などについて質問されます。

個人面接の評価基準

個人面接は面接官それぞれが下記の観点に沿って評価します。

(1) 意欲・情熱
 ○教師になりたいという意欲がうかがえるか。

  ○児童生徒に対する教育的愛情が感じられるか。

 (2) 倫理観

     ○教育公務員として高い規範意識を備え、社会的責任を自覚しているか。

     ○教師の言動が周囲に及ぼす影響を考えることができるか。

 (3) 明朗性・協調性

     ○表情や動作に明るさや豊かさがあり、児童生徒から好かれそうか。

     ○円滑な人間関係を築き、周囲と協力して行動することができるか。

 (4) 理解力・判断力

     ○質問の意味を正しく理解し、受け答えができるか。

     ○状況に応じた的確な判断ができるか。

 (5) 使命感・経験

     ○教師としての責任をもち、児童生徒の立場に立った指導ができるか。

     ○自らの経験を生かし、能力を高めていこうとする姿勢があるか。 

埼玉県公立学校教員採用選考試験選考方針

とくに「意欲・情熱」や「明朗性」が重視

面接カード(志願書)の内容

面接カード(志願書)とは、面接で使用する資料のことです。

面接官は提出された面接カード(志願書)を参考に質問してくるので、わかりやすく書くことが重要。

面接カード(志願書)は事前に埼玉県教委HPからダウンロードして、出願時に提出します。

志望動機や自己PRの考え方を「【埼玉県教員採用】面接対策は何から?志願書(志望動機)の作り方と過去の質問大全」で解説しています。

個人面接で聞かれた質問

面接では頻出質問と予想外のツッコミ質問に回答することが求められます。

そこで重要なのが過去問です。ここでは過去の受験者から教えてもらった情報をまとめています。

どれだけ答えられるか考えてみてください。

場面指導のテーマ

校種内容
小学校あなたは小学校1年生の担任です。授業中落ち着きがなく,他の児童に話しかけたり,出歩いたりしてしまう児童Aがいます。今日も授業中に断りもなく勝手にトイレに行ってしまいました。あなたは担任として,この児童Aにどのように指導をしますか。
中学校あなたは中学校1年生の担任です。あなたが担当する教科の授業において,机に伏して寝ている生徒Cがいます。前時にも注意しましたが,今日も寝ています。あなたは担任として,この生徒Cにどのような指導をしますか。
養護教諭あなたの勤務する小学校において,欠席が続いていた4年生の女子児童Aがいます。先週から登校することができていましたが、今日は登校後「教室には行きたくない。」と話し,保健室に来室してきました。あなたは養護教諭として,この児童Aにどのような指導をしますか。
栄養教諭あなたの勤務する小学校において,給食を落ち着いて食べることができず,騒がしい状況が繰り返される第3学年の学級があります。今日は担任教員から依頼されて,給食の時間に「食事のマナー」について指導することになりまし た。あなたは栄養教諭として,この学級にどのような指導をしますか。

質問一覧

  • あなたの強みをいってください。
  • 教師になるうえで、足りないことはありますか。
  • 誰にも負けないことはありますか。
  • 大学時代に頑張ったことはなんですか。
  • 教員を志望した理由を言ってください。
  • なぜ埼玉県を志望したのですか。
  • 埼玉県教育長は誰ですか。
  • 採用された場合の意気込みを言ってください。
  • 先輩教員と意見が対立したらどうしますか。
  • 保護者から子どもの成績についてクレームを受けたらどうしますか。
  • 経験のない部活動をお願いされたらどうしますか。
  • 夏休み明けに生徒が髪の毛を染めてきました。どうしますか。
  • 働き方改革をどう思いますか。
  • 体罰のニュースをどう思いますか。
  • 教育公務員と一般公務員の違いはなんですか。
  • 流行とはなんですか。

最近は人物重視の選考方針からコンピテンシー評価型面接を導入しています。面接は合否に大きく関わってくるので、早めに準備を始めましょう。

参考記事【埼玉県教員採用】面接対策は何から?志願書(志望動機)の作り方と過去の質問大全

埼玉県教員採用試験 実技試験の傾向と対策法

埼玉県教員採用試験の実技試験は、教科・科目に関する実践力を備えているのか評価する試験です。

音楽や美術など、知識よりも技能を専門に教える教科を中心に行われています。

実技試験のある校種・教科

中学校:理科、音楽、美術、保健体育、技術、家庭、英語

高校:保健体育、音楽、美術、書道、英語

実技試験の内容(過去問)

令和4年度(2022年度)

理科①第1分野の観察、実験
②第2分野の観察、実験
③観察、実験の安全指導
音楽ピアノ演奏
Mozartの「ピアノソナタ第5番ト長調K.283第1楽章」を演奏
場面指導と弾き歌い
「赤とんぼ」「荒城の月」「早春賊」「夏の思い出」「花」「花の街」「浜辺の歌」から当日指定された曲について場面指導、その後、伴奏をつけて歌う
新曲視唱
当日、提示された旋律をアカペラで歌う
伴奏付け新曲視奏
ピアノを使用し、右手で「新曲視唱」で示された旋律を、左手で旋律に適切な伴奏を工夫して演奏する
美術平面及び立体に関すること
・当日用意された課題について、立体等の表現を行う。
保体下記種目及び泳法から一つずつ指定
器械運動:マット、跳び箱
陸上競技:ハードル走、走り高跳び
球技:バスケットボール、ハンドボール、サッカー、バレーボールから2種目
武道:柔道、剣道
ダンス:創作ダンス、現代的なリズムのダンス
技術次の①〜④の中から当日指定された課題についての場面指導
①「A材料と加工の技術」
②『B生物育成の技術」
③「Cエネルギー変換の技術」
④「D情報の技術」
家庭布を用いた製作
日常食の調理
英語英語による場面指導
英文の音読
音楽①自由曲の演奏
②弾き歌い(原語)
・O soke mio(A.マッズッキ)
・An die Musik(シューベルト)
・初恋(越谷達之助)
・夏の思い出(中田喜直)
1曲指定される
美術①絵画製作
②ポートフォリオの提出及び説明
保体器械運動:マット運動
陸上競技:ハードル走
球技:バスケットボール
武道:柔道
ダンス:創作ダンス
書道漢字の書の臨書
仮名の書の臨書
漢字の書の創作
仮名の書の創作
漢字仮名交りの書の創作
漢字又は仮名の書の創作
賞状
英語英語による個人面接

実技試験の対策法

結論をいえば、十分に練習することです。

上記で示した内容をもとに、何ができて、できていないのかを早めに把握するようにしましょう。

そのうえで出来るように少しずつ技能を磨いていくことが最適解です。

なお、内容に沿って完璧にできることにくわえて、熱意や意欲、態度なども評価対象。

そのため、実際の試験では面接と同じように楽しくできるように練習してください。

埼玉県教員採用試験に合格する方法まとめ

埼玉県教員採用試験の内容は幅広いため、「難しそうだな…。」と感じたかもしれませんが、この内容をしっかりと理解して対策していかなければ合格できません。しっかりと試験の本質を理解して正しい努力をすればある程度の結果は見えてきます。

もちろん、何も傾向を理解せず適当に勉強するだけでは時間のムダになってしまいますが、この記事を見ているような勉強熱心なあなたなら大丈夫です!

確かに試験内容は多いですが、あなたはしっかり勉強したいという意思が強いので、適当に勉強しているその他大勢の人に負けるわけありません。

勤勉なあなたは結果を出すことができるので安心してノウハウを学んで、まずは対策に時間のかかる筆記試験から勉強をはじめていきましょう。

summary:本記事のまとめ
  • 筆記試験:「一般教養・教職科目」「教科専門」
  • 人物試験:「論文」「個人面接」「集団討論」「集団面接」「実技試験」
  • 出題傾向を理解して効率よく対策することが最重要

CHECK» 埼玉県教員採用試験を効率よく対策する完全ロードマップはこちら