教員採用試験の勉強にノートは必要ない理由!おすすめの活用法も紹介

  • 教員採用試験の勉強でノートは使ったほうがいいの?
  • 教員採用試験の勉強でノートの使い方は?

先に結論を言うと、勉強にノートは必要ありません。

なぜなら、ノートを作る時間がもったいないからです。

ここを深堀しつつ、使えるノートの紹介もしていきますね。

それでは、見ていきましょう!

▼この記事を書いている人▼

教員採用試験の勉強にノートは必要ない3つの理由

冒頭でも言ったように、教員採用試験の勉強でノートは必要ありません。

ノートが不要な理由は以下の3つ。

  • 参考書のコピーを作っているだけ
  • 目的が綺麗に作ることになる
  • 勉強した気になる

理由①:参考書のコピーを作っている

一つ目の理由は、参考書のコピーを作っているだけだからです。

勉強ができない人は参考書の内容を一言一句ノートに書き写して勉強する傾向にあります。

手を動かして覚えることができるので一定の効果はありますが、労力がかかりすぎるんですよね。

結果的に劣化版参考書が出来上がるだけなので、正直、時間の無駄です。

1ページを書き写す時間が合ったら、同じ内容を3回くらい繰り返して読み込んだほうが効果的。

福永
福永

書いて覚えたい人は、裏紙とかに殴り書きすればOK。

理由②:ノート作りが目的になる

二つ目の理由は、ノートを書く(作る)ことが目的になってしまうこと。

  • 蛍光ペンで色を塗る
  • 付箋を貼る
  • 見出しを作る

すごく工夫して勉強している人もいますが、ただの自己満足になりがちなので注意が必要です。

福永
福永

中学、高校で自分のノートを使って勉強や見直しをしましたか?

いくらノート作成に時間をかけても、参考書の方が綺麗ですよね。

見直さないノートを作っても意味はないので、ノートは綺麗に作らず、メモ書きくらいにしましょう。

理由③:勉強した気になる

三つ目の理由は、勉強した気になること。

「今日は3時間かけて、10ページもノートに書いたぜ!」

ノートを作れば、時間がたくさんかかりますよね。

なので、勉強した気になるんですよ。

でも、それだと書くことが目的になっているので、知識はたいして頭にはいっていません。

なので、どれだけ時間を使って勉強していても点数は取れないのです。

せっかく3時間も使ったわりに、内容の多くを覚えられていないので効率が悪いですよね。

3時間かければ、同じ部分を何周できますかね。そっちの方が絶対に記憶に残りますよ!

ノートを作れば、勉強した気になりがちなので注意しましょう!

具体的な勉強法は以下の記事で解説しています。

>>【教員採用試験の勉強法】独学で合格したい初学者におすすめのやり方を完全解説

教員採用試験でノートを作る効果的な勉強法

上記でノート作りが不要な理由を解説しましたが、使い方を間違えなければプラスになります。

ノートを効率よく作るポイントは次の3つ。

  • 部分的に特化して作る
  • 装飾は不要
  • ジャンル分けしない

ポイント①:どうしても覚えられない部分のみ

一つ目のポイントは、どうしても覚えられない内容だけをまとめること。

理由は1つ。試験直前に振り替えることができるからです。

勉強した内容すべてをノートにまとめると必要のない部分も見なくてはいけませんよね。

  • どうしても覚えられない
  • 直前期に簡単に見直せる

これを意識すればOK。

福永
福永

問題集を3回やっても、覚えることができない単語が目安ですね。

ポイント②:色は必要ない

二つ目のポイントは、きれいに作らないこと。

とくに蛍光マーカーや色付けは不要です。

なぜなら、ポイント①でいったようにノートは覚えるべき内容だけをまとめるから。

ノートに書きこむ内容の多くは重要事項なので、装飾する必要はありません。

ポイント③:ジャンル分けしない

三つ目のポイントはジャンル分けしないこと。

科目ごとにノートやルーズリーフを使って分けている人もいるかもしれませんが、書いてある場所が違うと、探すのに時間が掛かるのでやめましょう。

繰り返しになりますが、ノートは勉強するために使うのではなく、知識を整理するために使います。

なので、簡単に知識が整理できればいいのでわざわざ科目ごとに分ける必要はありません。

どのみち、ノートに書いてある内容はすべて覚えるわけですから、無駄な時間はなくしてください。

効率的な覚え方を「教員採用試験の勉強は復習が主役!効率的な覚え方を紹介」で解説しています。

【解決策】教員採用試験でノートを使った勉強法

どうしても書かないと勉強できないって人は以下の「書き込み式の参考書」をオススメします。

  • 教職教養ランナー
  • セサミノート

教職(一般)教養ランナー

一つ目のオススメは「新教職(一般)教養ランナー 」です。

  • 重要ワードの穴埋め(書き込み式)
  • メモ欄
  • 知識量が豊富

こういったメリットがあります。

余白を使って様々な知識を書き込んでいけば、完璧な参考書が出来上がるので繰り返し読んで覚えていきましょう!

セサミノート

東京アカデミーが出している「セサミノート」です。

  • 重要ワードの穴埋め(書き込み式)
  • 余白のメモ欄が大きい
  • 知識量は少ない

ランナーシリーズに比べると、少し内容が薄い印象を受けます。

このセサミノートは、参考書「オープンセサミシリーズ」の補助教材みたいな立ち位置なので、初学者向け!

ランナーシリーズかセサミノートのどちらか1冊を購入し、補足知識なんかも書き込んで使ってみてください。

使い方

空欄に解答を書く

最初から解答を見て、空欄を埋めていきましょう。

このときオレンジペンなどを使ってください。後から復習するときに赤シートで隠せるので楽です。

1章ごとに覚える

空欄を埋めたら章ごとに赤シートを使って、暗記していきましょう。

この作業を毎章行うことで記憶の定着力が変わります。

一気に覚える

復習をメインに勉強したら、総仕上げとして一気に読んでいきましょう。

教養試験は暗記科目ばかりなので、だらだら勉強しても効率が悪いからです。

オススメの参考書や問題集を「【2023年版】教員採用試験でオススメの参考書・問題集は?選び方のコツ」でまとめています。

まとめ:教員採用試験の勉強にノートは不要!

本記事では、教員採用試験のノートを使った勉強をまとめていました。

再度、結論ですが、勉強でノートは不要です。

理由は次の3つ。

  • 劣化版参考書を作っているだけ
  • ノート作りが目的になる
  • 勉強した気になる

時間をかけたのに、点数が取れない大きな理由ですよ。

ノートを作るなら、「復習」を意識したものを作りましょう。

ポイントは、次の3つ。

  • 必要な部分を簡潔に
  • シンプルな体裁
  • ジャンル分けはしない

試験直前期に見られるように作ればOK。

ノート作りに時間をかけないようにしましょう。