【2022年版】山口県教員採用試験の倍率推移を教科別に解説!

Results of the Yamaguchi Prefectural Teacher Recruitment Examination

「山口県の教員になりたい!」と興味を持ったものの、倍率が高いんじゃないのか不安に思っている受験者も多いのではないでしょうか。

結論からいうと、山口県教員採用試験の倍率は低いです。

とはいえ、対策しないことには合格できません。傾向をしっかり把握して対策してくださいね。

というわけで、本記事のテーマはコレ!

  • 山口県教員採用試験の倍率推移(最新~過去)
  • 山口県教員採用試験の倍率推移(校種・教科別)
  • 山口県教員採用試験の倍率は気にするな!

過去の推移から教科ごとの倍率までまとめているので、現実を受け入れて合格を目指しましょう。

なお、試験日程は「【令和5(2023年度)】山口県教員採用試験の日程は?合格までの流れを解説」を参考にしてください。

▼この記事を書いている人▼

【教科別】山口県教員採用試験の倍率【過去の推移】

山口県教育委員会は2021年10月5日、(令和3年度実施)山口県教員採用試験の最終倍率は3.1だったと発表しました。

合格者数は360人(前年度比58人減)、受験者数は1,115人(43人減)。

この結果、前年度よりは上昇しましたが、平成25年度以降の倍率で過去2番目の低さを記録し、教員の人気低下が続いています。

年度倍率受験者合格者
平成25年度
(2012年実施)
4.71,457309
平成26年度
(2013年実施)
4.41,575356
平成27年度
(2014年実施)
4.01,499373
平成28年度
(2015年実施)
3.71,475396
平成29年度
(2016年実施)
4.01,556386
平成30年度
(2017年実施)
3.81,468386
平成31年度
(2018年実施)
3.51,329379
令和2年度
(2019年実施)
3.01,215406
令和3年度
(2020年実施)
2.81,158418
令和4年度
(2021年実施)
3.11,115360

受験者数は最も多かった平成26年度と比べて約500人も減っていますし、倍率も4.7倍から3.1倍まで減っていますね。

福永
福永

なお、全国平均(3.5倍程度)より低い結果となっています。詳しくは「【全国結果一覧】教員採用試験の倍率を都道府県・教科別に徹底解説!」をご覧ください。

以下に、山口県教員採用試験の倍率を校種・教科別にまとめているので確認してみてください。

平成30年度(2018年度)の倍率

(2017年実施)
科目受験者合格者倍率
小学校4552102.2
中学校国語30161.9
社会91146.5
数学76126.3
理科41123.4
音楽2063.3
美術1033.3
保体97166.1
技術623.0
家庭832.7
英語33113.0
高校国語4785.9
日本史3548.8
世界史1735.7
地理1226.0
政治経済1527.5
数学72514.4
物理623.0
化学2154.2
生物2137.0
音楽10110.0
保体58229.0
家庭818.0
英語4895.3
農業824.0
商業2739.0
工業1234.0
情報313.0
水産111.0
特別支援学校53153.5
養護教諭100244.2
栄養教諭22211.0

平成31年度(2019年度)の倍率

(2018年実施)
科目受験者合格者倍率
小学校4102082.0
中学校国語29112.6
社会69125.8
数学68135.2
理科42133.2
音楽2345.8
美術824.0
保体102185.7
技術221.0
家庭422.0
英語35122.9
高校国語3393.7
日本史28214.0
世界史1535.0
地理1133.7
政治経済1728.5
数学65513.0
物理933.0
化学1535.0
生物1343.3
地学10
保体44222.0
家庭1226.0
英語3183.9
農業422.0
商業29214.5
工業2072.9
福祉10110.0
看護515.0
特別支援学校57173.4
養護教諭94243.9
栄養教諭21210.5

令和2年度(2020年度)の倍率

(2019年実施)
科目受験者合格者倍率
小学校3632101.7
中学校国語25181.4
社会63183.5
数学63125.3
理科4276.0
音楽1753.4
美術732.3
保体90185.0
技術212.0
家庭414.0
英語36132.8
高校国語2764.5
日本史2739.0
世界史1326.5
地理1125.5
政治経済10110.0
数学5486.8
物理1142.8
化学1853.6
生物1343.3
地学00
音楽717.0
美術414.0
書道414.0
保体48224.0
家庭723.5
英語1982.4
農業717.0
商業2237.3
工業1553.0
情報414.0
水産441.0
福祉515.0
看護313.0
特別支援学校79223.6
養護教諭90263.5

令和3年度(2021年度)の倍率

(2020年実施)
科目受験者合格者倍率
小学校3372011.7
中学校国語27151.8
社会57153.8
数学57144.1
理科39103.9
音楽1362.2
美術924.5
保体68164.3
技術313.0
家庭313.0
英語31142.2
高校国語2492.7
日本史2746.8
世界史1427.0
地理919.0
政治経済1226.0
数学69116.3
物理616.0
化学1562.5
生物1434.7
地学00
音楽818.0
美術818.0
書道313.0
保体56414.0
家庭1042.5
英語2363.8
農業313.0
商業1635.3
工業1691.8
情報616.0
水産00
福祉212.0
看護212.0
特別支援学校72252.9
養護教諭99263.8

令和4年度(2022年度)の倍率

(2021年実施)
科目受験者合格者倍率
小学校3431732.0
中学校国語25141.8
社会57153.8
数学56115.1
理科35142.5
音楽1644.0
美術522.5
保体75135.8
技術515.0
家庭20
英語36123.0
高校国語2755.4
日本史2746.8
世界史1125.5
地理1133.7
数学5996.6
物理522.5
化学1234.0
生物1025.0
地学414.0
書道313.0
保体50510.0
家庭522.5
英語2573.6
農業321.5
商業1853.6
工業1872.6
情報111.0
水産221.0
看護414.0
特別支援学校67252.7
養護教諭98109.8

自分が志望する教科の倍率は確認できたでしょうか。

倍率をみて思うことはさまざまですが、正直なところ倍率を気にしてもいいことはありません。

10倍でも受かる人は受かるし、1.5倍でも落ちる人は落ちるからです。

簡単な話、倍率が10倍だろうと、3倍だろうとやるべきことは同じですよね?なので、倍率とかいうただの数字にビビって諦める必要はありません。

合格に向けてやるべきことをやっていきましょう!

summary
  • 山口県教員採用試験の最新倍率(令和4年度)は3.1倍
  • 合格者数は減少、受験者数は減少
  • 低倍率ランキングでは28位(66自治体中)

山口県教員採用試験の倍率を一次と二次にわけて解説

山口県教員採用試験の現状を把握したら、一次試験や二次試験の倍率を確認していきましょう!

そうすることで、どの試験を重点的に対策すればいいのか判断できるからです。

たとえば、全体倍率は3.0倍でも試験ごとにみると、一次1.2倍、二次2.5倍みたいなことはよくあります。この場合、一次対策に時間をたくさん使うよりも、二次対策に全力を出す方が合格しやすいですよね。

効率よく時間を使うためにも、試験ごとの倍率を把握してみてください。

一次試験の倍率

山口県教員採用試験の一次試験の倍率はあまり気にする必要はありません。

なぜなら、記念受験やライバルにすらならないような人も含まれているからです。

なので、傾向を把握して効率よく勉強すれば見た目の数値より簡単に合格できます。

詳細は次のとおり。

令和2年度(2020年度)

(2019年実施)
科目受験者合格者倍率
小学校3632711.3
中学校国語25221.1
社会63401.6
数学63282.3
理科42182.3
音楽17111.5
美術741.8
保体90352.6
技術212.0
家庭422.0
英語36251.4
高校国語27181.5
日本史27112.5
世界史1371.9
地理1171.6
政治経済1042.5
数学54222.5
物理1161.8
化学1892.0
生物1381.6
音楽741.8
美術431.3
書道431.3
保体48104.8
家庭751.4
英語19141.4
農業751.4
商業22121.8
工業1591.7
情報431.3
水産441.0
福祉522.5
看護331.0
特別支援学校79531.5
養護教諭90511.8

令和3年度(2021年度)

(2020年実施)
科目受験者合格者倍率
小学校3372701.2
中学校国語27211.3
社会57331.7
数学57321.8
理科39241.6
音楽13101.3
美術951.8
保体68322.1
技術321.5
家庭321.5
英語31231.3
高校国語24181.3
日本史27122.3
世界史1462.3
地理942.3
政治経済1262.0
数学69252.8
物理641.5
化学1591.7
生物1491.6
音楽842.0
美術842.0
書道321.5
保体56134.3
家庭1081.3
英語23151.5
農業331.0
商業1691.8
工業16131.2
情報641.5
福祉212.0
看護221.0
特別支援学校72521.4
養護教諭99502.0

令和4年度(2022年度)

(2021年実施)
科目受験者合格者倍率
小学校3432551.3
中学校国語25201.3
社会57331.7
数学56282.0
理科35261.3
音楽16101.6
美術541.3
保体75302.5
技術541.3
英語36261.4
高校国語27151.8
日本史27141.9
世界史1161.8
地理1171.6
数学59272.2
物理551.0
化学1291.3
生物1061.7
地学431.3
書道321.5
保体50192.6
家庭541.3
英語25201.3
農業331.0
商業18141.3
工業18121.5
情報111.0
水産221.0
看護431.3
特別支援学校67491.4
養護教諭98273.6
一次試験の内容は?
  • 筆記(①教職・一般教養、②教科専門)、実技試験(一部の教科)、集団面接(昨年度は中止)
  • 一次試験の合格率は56.3%(令和4年度)
  • 試験科目の多い教職・一般教養の攻略がポイント!

二次試験は倍率より数倍難しい

倍率を気にしなくてもいいのは一次試験だけの話。

山口県教員採用試験の二次試験の倍率は気にする必要があります。

なぜなら、二次試験は本気で合格を目指している猛者同士の中での闘いになるのでレベルが一気に上がるからです。

自分がどれだけ優れていても上には上がいるので簡単なことではありません。特に面接は筆記試験と違い上達が見えにくいので対策もやりにくいです。

また、面接官との相性や運なども絡んでくるため一気に難度が高くなります。

このような側面があるので、二次試験(面接)の倍率はある程度知ったうえで対策しましょう。

詳細は次のとおり。

令和2年度(2020年度)

(2019年実施)
科目受験者合格者倍率
小学校2712101.3
中学校国語22181.2
社会40182.2
数学28122.3
理科1872.6
音楽1152.2
美術431.3
保体35181.9
技術111.0
家庭212.0
英語25131.9
高校国語1863.0
日本史1133.7
世界史723.5
地理723.5
政治経済414.0
数学2282.8
物理641.5
化学951.8
生物842.0
音楽414.0
美術313.0
書道313.0
保体1025.0
家庭522.5
英語1481.8
農業515.0
商業1234.0
工業951.8
情報313.0
水産441.0
福祉212.0
看護313.0
特別支援学校53222.4
養護教諭51262.0

令和3年度(2021年度)

(2020年実施)
科目受験者合格者倍率
小学校2622011.3
中学校国語21151.4
社会33152.2
数学32142.3
理科24102.4
音楽1061.7
美術522.5
保体32162.0
技術212.0
家庭212.0
英語23141.6
高校国語1892.0
日本史1243.0
世界史623.0
地理414.0
政治経済623.0
数学25112.3
物理414.0
化学961.5
生物933.0
音楽414.0
美術414.0
書道212.0
保体1343.3
家庭842.0
英語1562.5
農業313.0
商業933.0
工業1391.4
情報414.0
福祉111.0
看護212.0
特別支援学校51252.0
養護教諭50261.9

令和4年度(2022年度)

(2021年実施)
科目受験者合格者倍率
小学校2331731.3
中学校国語20141.4
社会33152.2
数学28112.5
理科26141.9
音楽1042.5
美術422.0
保体30132.3
技術414.0
英語26122.2
高校国語1553.0
日本史1443.5
世界史623.0
地理732.3
数学2793.0
物理522.5
化学933.0
生物623.0
地学313.0
書道212.0
保体1953.8
家庭422.0
英語2072.9
農業321.5
商業1452.8
工業1271.7
情報111.0
水産221.0
看護313.0
特別支援学校48251.9
養護教諭26102.6
二次試験の内容は?
  • 面接(個人、集団)、小論文、適性検査、実技試験(小)
  • 二次試験の合格率は55.4%(令和4年度)
  • 最終合否は二次試験の結果をもとに提出書類などを総合的に判断して決定する。(一次試験の結果は反映されない)

まとめ:山口県教員採用試験の倍率は気にするだけ損

山口県教員採用試験の倍率は、全国平均に比べると低いことがわかりました。

筆記試験や面接試験など対策しなければいけないことは山ほどあるので、計画を立てながら取り組むようにしましょう。

倍率なんて参考程度にとどめておいて、愚直に努力を続けてください。それを最後までやり続けた人が受かる試験です。

焦る必要はありません。傾向を把握してコツコツやっていきましょう。

Summary
  • 令和4年度山口県教員採用試験の最終倍率は3.1倍(前年度2.8倍)
  • 山口県の倍率は低下傾向、全国平均より低い結果
  • 一次倍率よりも二次倍率に注意して対策しよう