【教科別】青森県教員採用試験の倍率推移!二次試験が重要な理由を解説!

Aomori Prefecture Teacher Recruitment Results

青森県教員採用試験の受験者が気になるデータと言え「倍率」でしょう!

倍率が低ければ受かるかも!と舞い上がり、逆に高いと絶望する。気になったことを検索しただけなのに、数字を見て一喜一憂いっきいちゆうしてしまう。

このような悩みを抱えている受験者は、あなただけではありません。

恐らく受験者の90%が思う、倍率あるあるです。

というわけで、本記事のテーマはコレ!

  • 青森県教員採用試験の倍率(最新~過去)
  • 青森県教員採用試験の倍率(校種・教科別)
  • 青森県教員採用試験の倍率(一次・二次別)

過去の推移から教科ごとの倍率までまとめているので、現実を受け入れて合格を目指しましょう。

なお、試験の流れを「【令和5(2023年度)】青森県教員採用試験はいつ?日程と流れを解説!」でまとめています。

▼この記事を書いている人▼

青森県教員採用試験の倍率推移

青森県教育委員会は2021年10月26日、令和4年度(2021年実施)青森県教員採用試験の最終倍率は4.5倍だったと発表しました。

  • 志望者数:1,242人(前年度比61人減)
  • 受験者数:1,205人(同102人減)
  • 合格者数:266人(同18人減)

過去の推移は以下のとおり。

(2012〜2021年実施 青森県教員採用試験の倍率推移)
年度倍率受験者合格者
平成25年度
(2012年実施)
12.62,011160
平成26年度
(2013年実施)
9.61,906199
平成27年度
(2014年実施)
7.71,878244
平成28年度
(2015年実施)
6.91,898277
平成29年度
(2016年実施)
7.01,703245
平成30年度
(2017年実施)
6.61,597241
平成31年度
(2018年実施)
5.01,443286
令和2年度
(2019年実施)
4.61,298283
令和3年度
(2020年実施)
4.61,303284
令和4年度
(2021年実施)
4.51,205266

受験者数は過去10年間でピークだった平成25年度と比較すると約800人も減少していますし、倍率も12.6倍から4.5倍まで落ち込んでいることがわかりますね。

この結果、過去10年間で最低を更新し教員の人気低迷が続いています。

summary
  • 青森県教員採用試験の最新倍率(令和4年度)は4.5倍
  • 合格者数は減少、受験者数は減少
  • 高倍率ランキングでは全国11位(66自治体中)

青森県教員採用試験の倍率を教科別に解説

ここでは青森県教員採用試験の倍率推移を教科別にまとめています

青森県の倍率は全国平均より高いため、教科によっては10倍を超えることも。

志望教科の現状も踏まえたうえで対策をはじめましょう。

教科別の倍率は以下のとおり。

平成30年度(2018年度)の倍率

校種科目受験者合格者倍率
小学校3741003.7
中学校国語45222.5
社会89329.7
数学45411.3
理科4467.3
音楽2538.3
美術110
保健体育86614.3
技術616.0
家庭616.0
英語5068.3
高校国語3484.3
地理歴史39219.5
公民29214.5
数学6278.9
物理1226.0
化学1628.0
生物21210.5
地学212.0
音楽22211.0
美術15115.0
保健体育148818.5
家庭2839.3
農業25212.5
工業35311.7
商業2947.3
看護111.0
情報12112.0
英語4795.2
特別支援学校169305.6
養護教諭68262.6

平成31年度(2019年度)の倍率

校種科目受験者合格者倍率
小学校3141202.6
中学校国語4886.0
社会84516.8
数学4968.2
理科3866.3
音楽2655.2
美術824.0
保健体育80613.3
技術717.0
家庭717.0
英語4567.5
高校国語2592.8
地理歴史3365.5
公民28214.0
数学44114.0
物理15115.0
化学1735.7
生物2137.0
地学515.0
音楽17117.0
美術17117.0
書道919.0
保健体育141915.7
家庭1844.5
農業24212.0
機械35311.7
商業24124.0
情報717.0
英語41133.2
特別支援学校149334.5
養護教諭68252.7

令和2年度(2020年度)の倍率

校種科目受験者合格者倍率
小学校2631381.9
中学校国語42104.2
社会8399.2
数学4559.0
理科3684.5
音楽2245.5
美術1427.0
保健体育8499.3
技術616.0
家庭616.0
英語44133.4
高校国語2955.8
地理歴史2855.6
公民21121.0
数学3794.1
物理10110.0
化学18118.0
生物1427.0
地学212.0
音楽14114.0
保健体育129718.4
家庭1527.5
農業20210.0
機械12112.0
電子818.0
建築14114.0
商業23211.5
情報70
福祉10
英語3675.1
特別支援学校143334.3
養護教諭69174.1

令和3年度(2021年度)の倍率

校種科目受験者合格者倍率
小学校2371202.0


国語33103.3
社会77107.7
数学4868.0
理科35122.9
音楽3649.0
美術1025.0
保健体育87108.7
技術212.0
家庭717.0
英語41113.7

国語3356.6
地理歴史27213.5
公民27213.5
数学3957.8
物理924.5
化学1326.5
生物15115.0
美術10110.0
保健体育116716.6
家庭1427.0
農業1929.5
工業34217.0
商業2438.0
水産313.0
情報818.0
福祉111.0
英語2947.3
特別支援学校129383.4
養護教諭83145.9
栄養教諭25212.5

令和4年度(2022年度)の倍率

校種科目受験者合格者倍率
小学校2161121.9
中学校国語2783.4
社会71107.1
数学52153.5
理科27112.5
音楽3056.0
美術933.0
保健体育84810.5
技術422.0
家庭616.0
英語3474.9
高校国語26213.0
地理歴史33216.5
公民26126.0
数学3448.5
物理1427.0
化学13113.0
生物1334.3
音楽818.0
保健体育115338.3
家庭19119.0
農業17117.0
工業29214.5
商業25125.0
水産10
情報140
看護111.0
英語25212.5
特別支援学校128423.0
養護教諭80136.2
栄養教諭24212.0

自分が志望する教科の倍率は確認できたでしょうか?

倍率をみて思うことはさまざまですが、正直なところ倍率を気にしてもいいことはありません。

10倍でも受かる人は受かるし、1.5倍でも落ちる人は落ちるからです。

簡単な話、倍率が10倍だろうと、3倍だろうとやるべきことは同じですよね?なので、倍率とかいうただの数字にビビって諦める必要はありません。

合格に向けてやるべきことをやっていきましょう!

summary
  • 校種・教科によって倍率に差がある
  • 倍率は参考程度、何倍でもやることは変わらない
  • 教科の倍率も自治体によって差がある

青森県教員採用試験の倍率を一次・二次ごとに解説

倍率をみて思うことはさまざまですが、正直なところ倍率を気にしてもいいことはありません。

10倍でも受かる人は受かるし、1.5倍でも落ちる人は落ちるからです。

簡単な話、倍率が10倍だろうと、3倍だろうとやるべきことは同じですよね?

なので、倍率とかいうただの数字にビビって諦める必要はありません。

合格に向けてやるべきことをやっていきましょう。

一次試験の倍率

一次試験と二次試験の倍率をまとめていますので、どちらが重要なのか把握して効率よく対策してください。

一次試験の倍率はあまり気にする必要はありません。

なぜなら、一次試験は記念受験やライバルにすらならないような人も含まれているからです。

なので、傾向を把握して効率よく勉強すれば見た目の数値より簡単に合格できます。

詳細は次のとおり。

令和2年度(2020年度)

科目受験者合格者倍率
小学校2632181.2
中学校国語42192.2
社会83165.2
数学45104.5
理科36221.6
音楽22121.8
美術1462.3
保健体育84243.5
技術632.0
家庭632.0
英語44251.8
高校国語29102.9
地理歴史2893.1
公民2145.3
数学37142.6
物理1033.3
化学1836.0
生物1452.8
地学212.0
音楽1434.7
保健体育129196.8
家庭1591.7
英語36221.6
農業2054.0
商業2345.8
工業3474.9
情報732.3
福祉10
特別支援学校143801.8
養護教諭69312.2

令和3年度(2021年度)

科目受験者合格者倍率
小学校2372001.2
中学校国語33191.7
社会77233.3
数学48124.0
理科35211.7
音楽36152.4
美術1061.7
保健体育87312.8
技術221.0
家庭732.3
英語41241.7
高校国語33132.5
地理歴史2755.4
公民2739.0
数学39113.5
物理942.3
化学1343.3
生物1543.8
美術1052.0
保健体育116138.9
家庭1462.3
英語2993.2
農業1953.8
商業2473.4
工業3474.9
水産321.5
情報832.7
福祉111.0
特別支援学校129841.5
養護教諭83292.9
栄養教諭2555.0

令和4年度(2022年度)

科目受験者合格者倍率
小学校2161861.2
中学校国語27201.4
社会71233.1
数学52252.1
理科27181.5
音楽30132.3
美術971.3
保健体育84243.5
技術431.3
家庭632.0
英語34201.7
高校国語2655.2
地理歴史3356.6
公民2638.7
数学34113.1
物理1443.5
化学1334.3
生物1362.2
音楽832.7
保健体育115912.8
家庭1982.4
英語2583.1
農業1735.7
商業2546.3
工業2983.6
水産111.0
情報1434.7
看護111.0
特別支援学校128831.5
養護教諭80243.3
栄養教諭2473.4
一次試験の内容は?
  • 筆記(①一般・教職教養、②教科専門)
  • 一次試験の合格率は44.8%(令和4年度)
  • 試験科目の多い一般・教職教養の攻略がポイント!

二次試験の倍率

倍率を気にしなくてもいいのは一次試験だけの話。二次試験の倍率は気にする必要があります。

なぜなら、二次試験は本気で合格を目指している猛者同士の中での闘いになるのでレベルが一気に上がるからです。

自分がどれだけ優れていても上には上がいるので簡単なことではありません。特に面接は筆記試験と違い上達が見えにくいので対策もやりにくいです。

また、面接官との相性や運なども絡んでくるため一気に難度が高くなります。

このような側面があるので、二次試験(面接)の倍率はある程度知ったうえで対策しましょう。

詳細は次のとおり。

福永
福永

二次試験の受験者数は公表されていないので、一次試験の合格者全員が受験した場合の倍率です。実際は辞退者もいるはずなので、もう少しさがります。

令和2年度(2020年度)

科目受験者合格者倍率
小学校2181381.6
中学校国語19101.9
社会1691.8
数学1052.0
理科2282.8
音楽1243.0
美術623.0
保健体育2492.7
技術313.0
家庭313.0
英語25131.9
高校国語1052.0
地理歴史951.8
公民414.0
数学1491.6
物理313.0
化学313.0
生物522.5
地学111.0
音楽313.0
保健体育1972.7
家庭924.5
英語2273.1
農業522.5
商業422.0
工業732.3
情報30
福祉00
特別支援学校80332.4
養護教諭31171.8

令和3年度(2021年度)

科目受験者合格者倍率
小学校2001201.7
中学校国語19101.9
社会23102.3
数学1262.0
理科21121.8
音楽1543.8
美術623.0
保健体育31103.1
技術212.0
家庭313.0
英語24112.2
高校国語1352.6
地理歴史522.5
公民321.5
数学1152.2
物理422.0
化学422.0
生物414.0
美術515.0
保健体育1371.9
家庭623.0
英語942.3
農業522.5
商業732.3
工業723.5
水産212.0
情報313.0
福祉111.0
特別支援学校84382.2
養護教諭29142.1
栄養教諭522.5

令和4年度(2022年度)

科目受験者合格者倍率
小学校1861121.7
中学校国語2082.5
社会23102.3
数学25151.7
理科18111.6
音楽1352.6
美術732.3
保健体育2483.0
技術321.5
家庭313.0
英語2072.9
高校国語522.5
地理歴史522.5
公民313.0
数学1142.8
物理422.0
化学313.0
生物632.0
音楽313.0
保健体育933.0
家庭818.0
英語824.0
農業313.0
商業414.0
工業824.0
水産10
情報30
看護111.0
特別支援学校83422.0
養護教諭24131.8
栄養教諭723.5
二次試験の内容は?
  • 個人面接、集団討論、適性検査、小論文、実技試験
  • 二次試験の合格率は49.1%(令和4年度)
  • 最終合否は二次試験の結果が最重視

最終合否は個人面接の結果が重要!志望動機や過去の質問を知って対策をしよう。さらに詳しく

まとめ:青森県教員採用試験の倍率は高いが気にするだけ損

青森県教員採用試験の倍率は全国でも高い傾向にあります。

そのため難しいかも…と不安になる受験者も多いでしょう。

しかし、倍率が高いからといって必ずしも難しいわけではありません。

なぜなら、受験者には記念受験組や受かる対策をしていない人も多く含まれているからです。

なので、やることをしっかりやっていけば見ための数字より何倍も簡単。

倍率を見てビビったり、焦って意味不明な勉強をしたりするのは本当に損です

倍率なんて参考程度にとどめておいて、愚直に努力を続けてください。それを最後までやり続けた人が受かる試験です。

焦る必要はありません。傾向を把握してコツコツやっていきましょう。

Summary
  • (令和4年度)青森県教員採用試験の最終倍率は4.5倍(前年度4.6倍)
  • 倍率は過去10年間で1番目に低い、減少傾向が続く
  • 青森県の倍率は全国平均より高く、11番目の高さ(66自治体中)
  • 教科によっては高倍率になることもある
  • 一次倍率よりも二次倍率に注意して対策しよう

最終合否は個人面接の結果が重要!志望動機や過去の質問を知って対策をしよう。さらに詳しく