教員採用試験の中学校・高校「保健体育」は倍率が高い?全国結果まとめ

kyouinsaiyoshiken-bairitsu-PE-teacher

  • 中学・高校「保健体育」の倍率は低いの?
  • 中学・高校「保健体育」の倍率が低い県を知りたい。
  • 中学・高校「保健体育」の倍率一覧(全国)を見たい

倍率って気になりますよね!

倍率が低ければ受かるかも!と舞い上がり、逆に高いと絶望する。気になったことを検索しただけなのに、数字を見て一喜一憂いっきいちゆうしてしまう。

このような悩みを抱えている教員採用試験の保体志望者は、あなただけではありません。

恐らく受験者の90%が思う、倍率あるあるです。

というわけで、本記事の内容がコレ!

  • 中学校・高校「保健体育」採用のしくみ
  • 中学校・高校「保健体育」の倍率推移
  • 中学校・高校「保健体育」の倍率が低い県はどこ?倍率一覧(都道府県別)

中学校や高校の保体教員を目指す方は必見です!

現実を受け入れて合格を目指しましょう。

▼この記事を書いている人▼

【体育教師の難易度は?】体育の先生になる方法

まずは前提知識として、体育教師(中学校・高校の保健体育)になる方法を紹介します。
※すでに教員免許を持っていて採用試験の情報を知りたい人はこちら(該当部分までジャンプできます。)

教員免許を取得する

まずは保健体育の教員免許が必要なので、大学(大学院)や短大に進学し一定の教職課程を受講する必要があります。

※国家資格ですが、国家試験はないので大学・短大の単位を取得できれば免許はもらえます。

参考保健体育の教員免許が取得できる大学・短大一覧

教員採用試験に合格する

公立学校で正規教員になるには各自治体が実施する教員採用試験を受験して合格する必要があります。

関連記事【2023(令和5年度)】教員採用試験はいつある?全国の日程一覧まとめ

福永
福永

教員免許を持っていれば採用試験に受からなくても常勤・非常勤講師をすることが可能です!

【教員採用試験】体育教師の採用方法

教員採用試験での採用方法は自治体によって次の3通りあります。

  • 「中学校と高校を分けて採用」
  • 「中学・高校を一括して採用」
  • 「中学のみ採用」

中高で一括採用の場合は、中学と高校の教員免許を持っていないと受験できない場合もあるため注意が必要です。

福永
福永

年度によって高校の採用がある、ない場合もあります。

教員採用試験 中学校・高校「保健体育」倍率推移

ここでは教員採用試験における中学校・高等学校「保健体育」の倍率推移をまとめています。

暫定値ではありますが、令和4年度(2021年実施)教員採用試験における保健体育の倍率は、中学校8.8倍、高等学校12.6倍となる見込みです。※文部科学省による公式発表は2023年1月末~2月上旬ごろに予定。

過去の推移は以下のとおり。

2018年度(平成30年度)

校種受験者合格者倍率
中学校11,0961,1319.8
高等学校6,06238615.7
出典:各教育委員会の実施結果より作成

2019年度(平成31年度)

校種受験者合格者倍率
中学校10,3591,2238.5
高等学校5,55938914.3
出典:各教育委員会の実施結果より作成

2020年度(令和2年度)

校種受験者合格者倍率
中学校9,9301,2997.6
高等学校4,94933514.8
出典:各教育委員会の実施結果より作成

2021年度(令和3年度)

校種受験者合格者倍率
中学校9,9041,3757.2
高等学校4,88530216.2
出典:各教育委員会の実施結果より作成

2022年度(令和4年度)

校種受験者合格者倍率
中学校9,9451,1298.8
高等学校4,39234812.6
出典:各教育委員会の実施結果より作成

このように中学校・高校「保健体育」の倍率は高い傾向が続いているので、簡単に合格することは難しいと言えるでしょう。

関連記事教員採用試験の専門教養科目とは?勉強法と重要な理由を解説!

【全国一覧】教員採用試験 中学校・高校「保健体育」の倍率が低い(高い)県は?

中学校・高校「保健体育」の倍率は高いですが、探せば低倍率の自治体もあります。どうしても保健体育の教員になりたいと思っている人は、そのような自治体を探して受験することを検討しているのではないでしょうか。

そこで中学校・高等学校「保健体育」の倍率を全国一覧にしました!。

自分の志望自治体の倍率はもちろん、併願先や興味のある自治体の倍率を確認してみましょう。

メモ

※中高一括の採用は中学に統一しています。

※例年、3月頃に文部科学省が『前年度』の統計データを発表します。

※長野県 / 富山県 / 滋賀県 / 香川県は科目ごとの結果を公表していません。

中学校「保健体育」の倍率

※自治体名をタップすると受験者数や合格者数などの詳細を確認することができます。

自治体20222021202020192018
北海道9.79.75.13.68.1
札幌市8.07.38.48.27.5
青森県10.58.79.313.314.3
岩手県4.13.64.34.711.0
宮城県6.86.76.212.915.0
仙台市3.53.06.17.33.8
秋田県3.24.06.07.311.5
山形県8.34.93.73.35.7
福島県6.111.511.58.720.3
茨城県6.24.94.56.46.7
栃木県8.17.47.27.312.9
群馬県7.67.37.05.78.7
埼玉県7.38.28.89.67.4
さいたま市5.85.15.35.97.6
千葉県9.56.98.810.310.7
東京都9.74.96.87.811.6
神奈川県7.67.511.711.711.9
横浜市7.98.111.79.913.0
川崎市8.010.97.56.69.6
相模原市6.46.17.118.714.8
新潟県8.93.115.52.67.6
新潟市4.941.07.26.211.3
石川県11.111.09.811.39.5
福井県18.721.328.032.043.5
山梨県9.010.58.86.87.4
岐阜県7.45.77.117.97.5
静岡県10.518.36.75.96.0
静岡市8.74.03.53.78.0
浜松市11.710.06.56.56.2
愛知県13.58.59.811.19.9
名古屋市10.98.610.18.48.8
三重県9.19.212.413.911.9
京都府13.49.87.810.917.4
京都市21.514.114.721.712.1
大阪府9.810.413.710.613.9
豊能地区16.013.88.615.435.0
大阪市19.07.15.715.121.9
堺市15.518.528.710.817.5
兵庫県13.111.08.013.913.3
神戸市18.417.215.215.812.4
奈良県12.314.310.310.712.6
和歌山県13.08.117.68.722.7
鳥取県3.86.99.85.79.0
島根県7.36.35.85.47.3
広島県6.34.53.65.06.0
岡山県18.315.28.410.27.9
岡山市7.111.39.812.70.0
山口県5.84.35.05.76.1
徳島県6.87.37.68.17.0
愛媛県10.04.72.04.24.9
高知県10.014.913.99.69.4
福岡県6.45.05.18.84.0
福岡市6.72.87.118.45.8
北九州市15.413.73.03.49.8
佐賀県4.46.64.55.45.1
長崎県5.24.33.94.87.3
熊本県7.17.710.410.716.8
熊本市7.210.510.311.437.0
大分県7.98.57.29.86.3
宮崎県7.97.87.27.36.9
鹿児島県6.78.36.58.99.9
沖縄県24.618.922.521.920.8
出典:各教育委員会の実施結果より作成

高校「保健体育」の倍率

※自治体名をタップすると受験者数や合格者数などの詳細を確認することができます(中学校の欄を確認)。

自治体20222021202020192018
北海道13.313.832.715.210.7
青森県38.316.618.415.718.5
岩手県13.016.823.737.031.3
秋田県18.335.022.022.735.0
山形県10.57.69.512.09.6
福島県50.035.059.050.727.3
茨城県26.613.912.010.914.7
栃木県17.211.15.910.710.9
群馬県40.018.244.542.013.8
埼玉県10.117.916.55.67.3
神奈川県7.78.89.611.611.2
新潟県29.0
山梨県16.727.017.051.022.7
岐阜県7.112.16.910.89.4
静岡県12.318.823.917.516.5
愛知県9.614.512.310.615.9
三重県17.737.322.320.920.8
京都府11.311.124.016.717.9
大阪府8.937.325.966.424.3
大阪市23.714.313.613.8
兵庫県12.422.914.424.525.3
奈良県14.813.517.520.328.3
和歌山県26.014.312.026.5
鳥取県7.612.08.511.3
島根県24.013.315.725.017.0
岡山県21.833.330.031.034.7
山口県10.014.024.022.029.0
徳島県22.016.316.519.318.3
愛媛県15.524.313.512.071.0
高知県31.513.39.162.025.0
福岡県10.913.511.413.717.6
佐賀県22.314.211.412.011.0
長崎県14.312.811.312.014.2
熊本県19.323.338.030.737.0
大分県30.332.031.028.016.3
宮崎県19.012.418.018.612.0
鹿児島県21.314.823.019.318.0
沖縄県62.5153.046.313.797.5
出典:各教育委員会の実施結果より作成

関連記事【全国結果一覧】教員採用試験の倍率を都道府県・教科別に徹底解説!

まとめ:教員採用試験 中学校・高校「保健体育」の倍率は高い!

教員採用試験の中学校・高校「保健体育」は倍率が高く、決して簡単な試験ではありません。

合格の可能性を高めるには、志望先の傾向を把握して効率よく対策することが重要です。

仕事や学校で忙しいのはどの受験者も同じなので、スキマ時間を有効活用するなどして少しずつ勉強しましょう。

関連記事【教員採用試験の勉強法】独学で合格したい初学者におすすめのやり方を完全解説

関連記事【2023年版】教員採用試験でオススメの参考書・問題集は?選び方のコツ

関連記事教員採用試験の合格ラインは何割?合格最低点と基準点を超える3つのポイント