教員採用試験の「小学校」で倍率が低い県は?全国の実施結果まとめ

Implementation-results-of-elementary-school-teachers

  • 小学校の倍率は低いの?
  • 小学校の倍率が低い県を知りたい。
  • 小学校の倍率一覧(全国)を見たい

倍率って気になりますよね!

倍率が低ければ受かるかも!と舞い上がり、逆に高いと絶望する。気になったことを検索しただけなのに、数字を見て一喜一憂いっきいちゆうしてしまう。

このような悩みを抱えている受験者は、あなただけではありません。

恐らく受験者の90%が思う、倍率あるあるです。

というわけで、本記事の内容がコレ!

  • 小学校の倍率は過去最高に低い!
  • 小学校の倍率が低い県はどこ?ランキング形式で発表!
  • 小学校の倍率一覧(都道府県別)

教員採用試験の小学校教諭を目指す方は必見です!

現実を受け入れて合格を目指しましょう。

▼この記事を書いている人▼

教員採用試験 小学校の倍率は過去最高に低い!

結論からいうと、小学校教諭の倍率はさがり続けています

令和4年度(2022年度)倍率の全国平均は2.4倍で、昨年度2.5倍から0.1ポイント減少しました。

文部科学省 (mext.go.jp)のデータによれば、平成23年度から連続してさがり続けていることがわかります。

kyouinsaiyo-bairitsu-syougakkou-suii
参考資料:公立学校教員採用選考試験の実施状況(文科省)

また、他の校種(中学校や高校など)と比べても、小学校の倍率はとても低いです。

小学校2.7
中学校5.0
高等学校6.1
特別支援学校3.1
養護教諭6.5
栄養教諭8.1
参考資料:令和2年度公立学校教員採用選考試験の実施状況(文科省)
福永
福永

記録によると、昭和54年度から令和4年度までの期間で過去最低の倍率を記録しています!

教員採用試験 小学校の倍率が低い県はどこ?ランキング形式で発表!

小学校教諭の倍率は低いので、選考がまともにできない危機的な状況に立たされている自治体もあります。

何としてでも小学校の先生になりたいという人は、なるべく低倍率の自治体を選んで受験することも考えているかもしれません。

そこで令和2年度から令和4年度の倍率結果を参考に全国の自治体を比較して、より低倍率の都道府県ベスト3を紹介します。

令和4年度(2022年度)

  1. 福岡県:1.27倍
  2. 熊本県:1.31倍
  3. 大分県:1.32倍

令和3年度(2021年度)

  1. 北海道:1.34倍
  2. 大分県:1.36倍 / 長崎県:1.36倍
  3. 佐賀県:1.37倍

令和2年度(2020年度)

  1. 北海道:1.32倍
  2. 佐賀県:1.40倍
  3. 長崎県:1.41倍

2倍を切る自治体が増えています!

令和2年度(2020年度)は13の自治体で2倍を切っていましたが、令和4年度(2022年度)は24自治体まで上昇しています。

2倍を切る自治体の多くは一次試験より二次試験で評価する傾向が強いです。

筆記試験は傾向に沿って軽く勉強し、小論文や面接などに時間を使って対策してください。

>>【うかりやすい自治体は?】教員採用試験の倍率が低い県ランキング2022

【全国】教員採用試験 小学校の倍率一覧

令和2年度(2020年度)から令和4年度(2022年度)までの倍率を全国一覧にしてまとめています。

自分の志望自治体の倍率はもちろん、併願先や興味のある自治体の倍率を確認してみましょう。

※例年、3月頃に文部科学省が『前年度』の統計データを発表します。

令和4年度(2022年度)

自治体倍率
北海道1.4
札幌市3.2
青森県1.9
岩手県2.6
宮城県1.7
仙台市2.2
秋田県1.5
福島県1.6
山形県1.5
茨城県2.0
栃木県2.5
群馬県3.9
埼玉県2.1
さいたま市2.6
千葉県1.9
東京都2.3
神奈川県2.6
横浜市2.4
川崎市2.1
相模原市2.1
新潟県2.0
新潟市1.6
長野県2.6
山梨県1.8
富山県1.6
福井県3.4
石川県2.4
岐阜県1.9
静岡県3.0
静岡市3.1
浜松市3.4
愛知県2.5
名古屋市2.8
自治体倍率
三重県3.1
滋賀県3.0
京都府3.0
京都市4.3
大阪府3.2
豊能地区3.7
堺市4.6
大阪市2.9
兵庫県4.2
神戸市6.1
奈良県5.0
和歌山県2.6
鳥取県2.5
島根県1.7
広島県1.6
岡山県2.8
岡山市3.1
山口県2.0
香川県3.3
徳島県4.2
愛媛県1.8
高知県7.4
福岡県1.3
北九州市1.9
福岡市1.6
佐賀県1.4
長崎県1.4
熊本県1.3
熊本市1.8
大分県1.3
宮崎県1.5
鹿児島県1.7
沖縄県4.1

令和3年度(2021年度)

自治体倍率
北海道1.3
札幌市2.9
青森県2.0
岩手県2.3
宮城県1.7
仙台市3.0
秋田県1.8
山形県1.5
福島県1.7
茨城県1.9
栃木県2.6
群馬県3.4
埼玉県2.5
さいたま市2.6
千葉県1.8
東京都1.9
神奈川県2.9
横浜市2.1
川崎市2.9
相模原市3.1
新潟県2.3
新潟市2.4
富山県1.6
石川県2.5
福井県3.9
山梨県1.8
長野県3.1
岐阜県2.0
静岡県2.8
静岡市2.5
浜松市3.4
愛知県3.0
名古屋市3.8
自治体倍率
三重県4.3
滋賀県2.7
京都府3.4
京都市3.9
大阪府3.4
豊能地区3.2
大阪市2.6
堺市5.7
兵庫県4.5
神戸市6.9
奈良県5.0
和歌山県2.6
鳥取県3.3
島根県2.2
岡山県3.5
岡山市3.3
広島県1.6
山口県1.7
徳島県3.1
香川県2.8
愛媛県1.9
高知県6.1
福岡県1.4
福岡市1.9
北九州市1.8
佐賀県1.4
長崎県1.4
熊本県1.8
熊本市2.5
大分県1.4
宮崎県1.9
鹿児島県2.1
沖縄県4.7

令和2年度(2020年度)

自治体倍率
北海道1.3
札幌市3.0
青森県2.7
岩手県2.0
宮城県1.6
仙台市3.2
秋田県2.8
山形県1.8
福島県1.7
茨城県2.1
栃木県2.7
群馬県4.3
埼玉県2.7
さいたま市2.4
千葉県2.4
東京都2.1
神奈川県3.3
横浜市2.5
川崎市3.2
相模原市3.0
新潟県2.5
新潟市2.6
富山県1.6
石川県2.6
福井県2.8
山梨県1.9
長野県3.2
岐阜県2.2
静岡県2.9
静岡市2.3
浜松市2.9
愛知県3.0
名古屋市3.4
自治体倍率
三重県4.3
滋賀県2.7
京都府3.4
京都市3.9
大阪府3.4
豊能地区3.2
大阪市2.6
堺市5.7
兵庫県4.5
神戸市6.9
奈良県5.0
和歌山県2.6
鳥取県3.3
島根県2.2
岡山県3.5
岡山市3.3
広島県1.6
山口県1.7
徳島県3.1
香川県2.8
愛媛県1.9
高知県6.1
福岡県1.4
福岡市1.9
北九州市1.8
佐賀県1.4
長崎県1.4
熊本県1.8
熊本市2.5
大分県1.4
宮崎県1.9
鹿児島県2.1
沖縄県4.7

受験者数や合格者数、試験ごとの倍率は自治体別のページ(下記記事)でまとめています。

>>【全国結果一覧】教員採用試験の倍率を都道府県・教科別に徹底解説!

まとめ:小学校の倍率は低いけど対策は必要!

小学校教諭の倍率はさがり続けています。

2倍を切る低倍率な自治体も増えているので、何としてでも小学校で働きたい人はチャンスともいえるでしょう。

令和4年度(2022年度)に2倍を切っている自治体

福岡県 / 熊本県 / 大分県 / 佐賀県 / 長崎県 / 北海道 / 山形県 / 宮崎県 / 秋田県 / 福島県 / 富山県 / 広島県 / 新潟市 / 福岡市 / 宮城県 / 島根県 / 鹿児島県 / 山梨県 / 愛媛県 / 熊本市 / 千葉県 / 岐阜県 / 北九州市 / 青森県

とはいえ、落ちている人がいることも事実。

確実に合格するには、試験傾向をしっかり把握して準備することが重要です。

ある程度、実施状況がわかったらさっそく行動に移しましょう!