【一次・二次試験を比較】長崎県教員採用試験の倍率はどっちが高いか解説

長崎県教員採用試験の倍率(一次・二次試験)
あなた

長崎県教員採用試験の一次試験と二次試験倍率はどっちが高いの?

こんな悩みを解決できますよ!

本記事は、長崎県教員採用試験の一次試験・・・・二次試験・・・・の倍率をそれぞれまとめています。

結論からいうと、長崎県教員採用試験の倍率は一次も二次も大差ないです。

令和5年度のデータ(平均)
  • 一次試験の倍率:1.4倍
  • 二次試験の倍率:1.4倍

このように試験ごとの倍率を把握すれば、どの試験に重きを置いて対策すればいいのかわかりますよ。過去3年分のデータをまとめているので、ぜひ参考にしてください。

なお、長崎県教員採用試験の倍率(全体結果)は以下の記事でまとめています。

目次

長崎県教員採用試験 一次試験の倍率は?

ここでは、長崎県教員採用試験の一次試験倍率をまとめています。

令和3年度(2020年実施)

校種教科受験者数合格者数倍率
小学校3122691.2
国語32241.3
社会61183.4
数学51222.3
理科40231.7
音楽37123.1
美術761.2
保体65252.6
技術651.2
家庭221.0
英語34231.5

令和4年度(2021年実施)

校種教科受験者数合格者数倍率
小学校3382941.1
国語28281.0
社会56222.5
数学45222.0
理科31191.6
音楽25181.4
美術551.0
保体57222.6
技術861.3
家庭771.0
英語34221.5

令和5年度(2022年実施)

校種教科受験者数合格者数倍率
小学校3233051.1
国語32311.0
社会41221.9
数学43212.0
理科20181.1
音楽26231.1
美術881.0
保体51212.4
技術991.0
家庭15151.0
英語34241.4
一次試験の内容は?

「教職・一般教養」、「教科専門」が実施されます。

なかでも、「教職・一般教養」は科目・範囲が膨大なので、苦手とする人は多いです。出題傾向を押さえて、効率よく対策することがポイント。

長崎県教員採用試験 二次試験の倍率は?

ここでは、長崎県教員採用試験の二次試験倍率をまとめています。

令和3年度(2020年実施)

校種教科受験者数合格者数倍率
小学校2692291.2
国語24131.8
社会18101.8
数学22131.7
理科23131.8
音楽1262.0
美術632.0
保体25151.7
技術522.5
家庭212.0
英語23141.6

令和4年度(2021年実施)

校種教科受験者数合格者数倍率
小学校2942411.2
国語28181.6
社会22112.0
数学22102.2
理科19151.3
音楽18121.5
美術531.7
保体22112.0
技術641.5
家庭751.4
英語22112.0

令和5年度(2022年実施)

校種教科受験者数合格者数倍率
小学校3052541.2
国語31241.3
社会22151.5
数学21151.4
理科18151.2
音楽23161.4
美術871.1
保体21121.8
技術971.3
家庭15101.5
英語24161.5
二次試験の内容は?

「個人面接(課題面接・模擬授業含む)」、「実技試験」が実施されます。

なかでも「個人面接」は重視されています。過去問(質問)をもとに回答を準備して練習することがポイント。詳しくは以下の記事でも解説しています。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

福永真のアバター 福永真 編集長

公立学校教員採用試験の情報メディア「教採ギルド(KYOSAI GUILD)」を運営しています。横国大を卒業→中高社会科教員→退職→教育出版社→独立→大学等で教示。教採指導をして13年目(2022年4月現在)。ツイッターやnoteでも情報発信中です!

目次