【令和5年度】和歌山県教員採用試験の結果は?倍率推移を教科別に紹介

和歌山県教員採用試験の倍率推移(教科別)

和歌山県の教員志望者が気になるデータのひとつ『倍率』。

倍率が低ければ受かるかも!と舞い上がり、逆に高いと絶望する。気になったから検索しただけなのに、その数字(倍率)を見て一喜一憂いっきいちゆうしてしまう…。

恐らく受験者の90%が思う、倍率あるあるです。

そこで今回は、和歌山県教員採用試験の実施結果(受験者数・合格者数・倍率)を教科別に紹介します!

最新(令和5年度)結果はもちろん、過去の推移までまとめているので、ぜひ参考にしてくださいね。

福永

なお、先に結論をいうと、令和5年度(2022年実施)の最終結果は3.7倍でした。

▼こちらの記事もよく読まれています▼

目次

【速報】令和5年度和歌山県教員採用試験の結果(倍率)

和歌山県教育委員会は2022年9月22日、令和5年度(2022年実施)和歌山県教員採用試験の最終結果を発表しました。

  • 志望者数:1,346人(前年度比24人
  • 受験者数:1,297人(同29人
  • 合格者数:346人(同31人
  • 最終倍率:3.7倍(同0.2ポイント増)

校種・教科ごとの詳細は以下のとおり。

校種・教科受験者合格者倍率
小学校4691792.6
中学校・国語32103.2
中学校・社会82108.2
中学校・数学60154.0
中学校・理科33103.3
中学校・英語64144.6
中学校・技術942.3
中高・音楽2137.0
中高・美術1553.0
中高・保体127139.8
中高・家庭1133.7
高校・国語2173.0
高校・地歴36218.0
高校・数学3866.3
高校・理科48412.0
高校・英語2746.8
高校・農業623.0
高校・工業751.4
高校・看護212.0
高校・情報924.5
特別支援学校89372.4
養護教諭91109.1

一次・二次試験の倍率はこちら

【出典】
※和歌山県教育委員会の公表資料

和歌山県教員採用試験の倍率は低い?高い?

結論からいうと、和歌山県教員採用試験の倍率はやや高めです。

【うかりやすい自治体は?】教員採用試験の倍率ランキング!低い(高い)県まとめによれば、2023年度(令和5年度)は66自治体のうち16番目の高さでした。

とはいえ、校種・教科によって倍率は異なります。

次の章では、過去~最新の倍率を校種・教科別にまとめたので確認してください。

【教科別】和歌山県教員採用試験の倍率推移(過去~最新)

ここでは、2019年度~2023年度までの倍率推移をまとめています。

採用年度受験者数合格者数倍率
20191,5764033.9
20201,4273983.6
20211,4153883.6
20221,3263773.5
20231,2973463.7

小学校教諭

年度受験者合格者倍率
20194852002.4
20204712022.3
20214901862.6
20224661802.6
20234691792.6

一次・二次試験の倍率はこちら

▼他自治体の結果も知りたいなら▼

中学校教諭

年度受験者合格者倍率
201958183.2
202049163.1
202151222.3
202236142.6
202332103.2

▼他自治体の結果も知りたいなら▼

一次・二次試験の倍率はこちら

高校教諭

年度受験者合格者倍率
20194576.4
202040104.0
20212955.8
202233103.3
20232173.0

▼他自治体の結果も知りたいなら▼

一次・二次試験の倍率はこちら

年度受験者合格者倍率
2019723.5
2020
2021
2022924.5
2023623.0

一次・二次試験の倍率はこちら

特別支援学校

年度受験者合格者倍率
2019125403.1
2020110274.1
2021100352.9
202292402.3
202389372.4

一次・二次試験の倍率はこちら

▼他自治体の結果も知りたいなら▼

養護教諭

年度受験者合格者倍率
201985184.7
202091156.1
202199175.8
202293273.4
202391109.1

▼他自治体の結果も知りたいなら▼

和歌山県教員採用試験の一次試験と二次試験の倍率は?

和歌山県教員採用試験の選考方法は二段階選抜方式です。

【二段階選抜方式とは?】
まず一次選考で受験者をふるいにかけ人数を絞ります。その後、一次選考の合格者を対象に二次選考を行い最終合格者を決定するという選考方法のこと。

つまり、一次試験と二次試験で倍率が異なってくるんですね。

たとえば、

校種一次試験二次試験
小学校1.1倍3.0倍
中学校2.5倍1.3倍

という結果なら、小学校は二次試験、中学校は一次試験の対策に多くの時間を使った方が効果的だとわかりますよね。

なので、全体結果を把握したら一次試験と二次試験の結果も併せて確認しておきましょう。詳しくは以下の記事でまとめています。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

福永真のアバター 福永真 編集長

公立学校教員採用試験の情報メディア「教採ギルド(KYOSAI GUILD)」を運営しています。横国大を卒業→中高社会科教員→退職→教育出版社→独立→大学等で教示。教採指導をして13年目(2022年4月現在)。ツイッターやnoteでも情報発信中です!

目次